アンティークゴシックな本型フォトフレーム。足に落ちたら骨折級

アンティークゴシックな本型フォトフレーム。足に落ちたら骨折級CIMG9183

【アンティークゴシックなブロンズの写真立て。めちゃくちゃ重い!】

見開きの本型のアンティークフレーム。すごくお気に入りなんだけど、「なぜこんなに・・・」というレベルで重い。

足の甲にでも落とそうものなら、骨折間違いナシの重さです。取り扱いにかなり気を遣います。

でもデザインはヨーロピアンゴシック調で、すごくスキ。地震が来て足の上に落とさないよう、飾る場所に気を付けてます。

CIMG9189この古い本みたいな折りジワみたいなのがいい味出してます。

古い洋書って、ゴシックモチーフですよね。装丁の模様がステキです。

そして、下のフチにはバラモチーフ。このバラの部分が最高に重い。何が入っているのか・・・(笑)

本がナナメ後方に傾いてるので、土台として重く作ってあるんだと思いますが・・・にしても重い(4回目)。

CIMG9184けっこう厚みのある本モチーフ。中の写真は、売ってあったままのもの。正直、何を飾ればいいのか分からないんです。

こういうのって海外の様式なので、きっと人物写真(ドレスの貴婦人とか?)を飾るとシックリくるんだと思うんですが、日本だとご先祖様の写真や家族写真をこういう額で飾る文化が少ない。

我が家のご先祖様の写真は和室に、黒縁で飾ってあります。なので、ここに飾るべき人物が分からないんですよ。

CIMG9185楕円形写真っていかにもヨーロッパですね。こういう風景写真もいいんでしょうけど、海外旅行にいかない我が家としては、ホントに飾るものに困ります(ペットでもいいのかな?)。

この写真はどこのお城だろう?手前に池があります。歴史に詳しければ、こういう写真で一発で分かるんでしょうね。「〇〇宮殿」だと。

で、ちょっと調べてみたら、どうやら「ヴェルサイユ宮殿」だったようです(笑)。そんなコトすら分からない。

手前の池に馬と人の彫像が見え、奥にまっすぐに伸びた道の向こうにお城の構図。色あせすぎて分からないと思いましたが・・・。

v出典 http://activities.his-j.com/TourLeaf/PAR0165.htm

このヴェルサイユ宮殿前の庭園の池で間違いなさそうです。

【なんて書いてあるのか分からないけど英語の文章っぽい?】

CIMG9186右のページに何か文字が彫り込んであります。紋章みたいなのも。

ヴェルサイユ宮殿の写真だからフランス語かと思いきや、なんだか英語みたいに見えます。いや、フランス語?(無知)

CIMG9187なんとなくインテリアで置いてあるものって雰囲気だけで飾ってることが多い。

この写真フレーム、こんなにジックリ見たのは今日が初めてです。ずっと家にあるものなのに。

CIMG9188ゴテゴテと装飾されてます。こういうムダな飾りこそTHE・ヴェルサイユ。

そのかわり、とってもホコリがたまります(笑)。筆やブラシ、エアスプレーでも使わない限りはキレイにならない。

お耽美アイテムってそれはそれは美しいんですが、お掃除をこまめにしなきゃならない。

つまり、お掃除のメイドさんを雇わないことには、ゴシックアイテムは美しく保てないんですね。困ったな(笑)。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ