【チョーカー手作りDIY】2016流行!革ひもゴシックチョーカー★

スポンサード リンク


【チョーカー手作りDIY】2016流行!革ひもゴシックチョーカー★cimg5842

【今年も手作り★普段使いのプチゴシックチョーカー】

2016年の流行、チョーカーネックレス。

とくに、汗にも強いワイヤーチョーカー(網状)のは夏にすごく流行ったんだけど、

c

プチゴシック寄り&秋ともなると、レザー素材も恋しくなってきます。

というわけで、

cimg5836

革ひもを買ってきました☆チョーカーなら10本くらい作れる長さで¥500ほど。

こういう平打ち麺みたいなのもあれば、断面の丸いものや光沢素材のものも。

幅もカラーもそれぞれですが、今年はパキッとした黒よりも、

淡いパステル系が流行ると知って、ベージュピンク&グレーをチョイス。

裏表が決まっています。

今までチョーカーを作るときは、くっきり目立つような濃いカラーばかりでしたが

淡い色って肌なじみがよくて斬新!秋口や春先に使っても暑苦しくなくて◎です。

kan

ほかには、こういう留めカンセットも一緒に購入。(丸カン&カニカンのセット・金銀)。

こちらも安いです。あとは、家にある先細りのペンチやニッパーで対応可能。

ペンダントトップは、新しく購入せず、家に余っている何かを使います(節約)。

レジン樹脂でDIYするのも楽しそう♪UVレジン機買いたいなぁ^^

【ふだん使ってないネックレスも改良。チョーカー仕様にチェンジ】

ネックレスって好きでよく買い集めてますが、その割にあまり出番がなかったりします。

というのも、なんだか似合わなかったりするんですよね。

それって、ヒモやチェーンの長さが、

デコルテの空き具合や顔の輪郭に合ってなかったのかもしれない。

チョーカーネックレスのいいところは、顔のすぐそばにモチーフが来るため、

ネックレスがよく目立つということ。

そして、襟の空きが狭い服でも、ちゃんとネックレスが見えるということ。

ネックレスが服に隠れてしまうことってよくありますもんね。

いっぽう、デメリットといえば首が分断されて見えるので、太く見えがちということ、

そして、首が絞められるような感覚がちょっと息苦しい、ということ。

これは慣れですが、首の締め付けがニガテな人は

「首輪を繋がれてるみたい」と嫌がることも多い(笑)

私も自分で着けてて「猫の鈴首輪みたい」と思うことも。

cimg5838

今回作った&作り変えたのは3つ。一番上のはチェーンを短くしただけのものです。

下2つは革ひも。真ん中のスワロ石にはグレーの革ひもを、

下の濃いピンクのお花トップには、もともと家にあったエンジ色の革ひも。

それぞれに、向きを間違えないよう留めカンを付けて完了です。

(カニカン⇒利き手側にくるように、丸カン⇒逆手側にくるように)

⇒丸カンの先にはカシメカンがついてるものを選んでいます。

ペンチでぎゅっと革ひもを押しつぶして留めます。

cimg5849

アレンジで、ピンクとグレーの革ひもで2連にしてみたり。

薄手のレザーのときはちょっと心もとないので、2重にしてもいいかもしれません^^

ネックレスの長さを調節するだけで、今年顔のネックレスになります。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ