一歩間違えたらオバチャン?ゴブラン系ゴシック花柄カットソー

一歩間違えたらオバチャン?ゴブラン系ゴシック花柄カットソーs-1284

【花柄ゴシックを愉しむ~オバチャンにならないギリギリライン】

私の母親に「おふとんの柄」と揶揄されることの多いこの花柄。

まぁ、たしかにわかる気もします(笑)。毛布の花柄とか、だいたいこんな感じですね。

でも、私はこの柄をオバチャン化させずに、ゴシック服として着たいんです。

この服はすでに数年着ていますが、オバチャンにならないポイントは<カッティング>。

かなりピタピタ系で、腰の下まですっぽり覆う丈、そしてがっつり開いた襟ぐり。

背中側も胸元もかなり開いてるんですね。袖もかなり長いです。

もしコレがタートルネックやチュニック型だと、いきなりオバチャン服になってしまう。

s-1285素材アップ写真です。

わりとフカフカした織物調。薄手だけどちょっと起毛してるのであったかい。

でもまぁ、黒地にゴテゴテした薔薇柄ですから、けっこう激しいデザインです。

1枚ではなかなか着られないので、インナーとしてチラ見せするくらいです。

ミニワンピとして着た日にはもう、それこそ露出狂になってしまう笑。

goburanいわゆる「ゴブラン織」ちっくなテイストです。

中世ヨーロッパで好まれた柄ではあるんですが、

オバチャンの特権柄とも言えるこの柄、ヘタをすると年齢を感じさせてしまうんです。

柄自体は好きなんですが、選ぶときすごく難しいと感じてしまいます。

なんていうかこう・・・ザーマスな奥様のおうちのクッション柄が、こういうイメージ。

なので、この柄をいかに可愛く若々しく取り入れるか、というところに注力します。

goburan2こういうスカート柄だとかなりステキだと思うんです。

アンティークゴシックというか。華やかながらも落ち着いていて、可愛らしい。

skirtこういうテイストなら大歓迎です。エレゴスと言ってもいいかも。

黒レースとの段々が姫系でステキ。主役級です。

long

ロングスカートもうまく履きこなせば若々しくて可愛い・・・ってアレ?

ゴブラン織って、最近すごく可愛い雰囲気になってきてるんですね。

かなり奇抜だと思い込んでたけど、こうして見ると一周まわって斬新な気がしてくる。

というワケで、私の「一歩間違えたらオバチャン化」なカットソーも、今はアリかも。

これからも着倒そうと思います(*´ω`*)

 



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ