『うみねこのなく頃に』が意外とゴシックホラーだったんだけど・・・

スポンサード リンク


『うみねこのなく頃に』が意外とゴシックホラーだったんだけど・・・

op【ひぐらしファンだったので、「うみねこ」も押さえようと思ったら】

竜騎士07さん作・「ひぐらしのなく頃に」。

一大センセーションを巻き起こした作品だっただけに、

次作である「うみねこのなく頃に」に期待大でした。

評判は「?」な感じでしたが、

「ひぐらしがあまりにヒットだったから、比較してイロイロ言われてるだけだろう」と予想。

でもアニメで観てて、ホンキで途中で意味が分からなくなってしまい、挫折。

雰囲気はわりとゴシックホラーな感じ。

前作「ひぐらし」がひなびた村の物語だっただけに

「ぜんぜん毛色が違う!」とワクワクしつつ観始めた。ところが、

途中で「これは現実?それとも妄想?」と区別がつかなくなってしまい・・・。

ストーリーは、「ひぐらし」っぽさを色濃く継いでいます。「ひぐらしゴシック版」な印象。

umineko11986年。大富豪一族である右代宮(うしろみや)家の人間は、

年に一度、所有する島に全員で集まるしきたりになっています。

今回の集まりの目的は、一家の当主死後の財産分与についての話し合い。

しかし、このうみねこ(カモメ)が飛び交うこの島で、

大勢が一度に残虐な死体となって発見されます。

ちょっぴり「そして誰もいなくなった」的展開です。

【「ええっ?どういうこと?」途中で混乱をきたし始め・・・】

推理探偵役(主役?)の青年「戦人(バトラ:すごい名前)」は、

生存者とともに犯人探しを始めます。

しかしこの島、サウンドノベルに「あるある」な設定で、

外は嵐&電話は断線して使えないという状況。

警察も呼ぶことができないので死体にも触れられない中、第二、第三の殺人が起こります。

と、ここまでなら分かりやすいストーリーなんですが、

「この島には魔女ベアトリーチェがいて、それが犯人である」説を信じる派閥ができます。

umineko2ベアトリーチェとは、殺人現場である洋館に飾られたこの肖像画の少女のこと。

この島では、この魔女伝説が有名で、使用人などもこれを信じています。

ところがこの人物、「実在なのか、魔女なのか」というあたりがハッキリしない。

これが実在の人物か否かで、

物語がファンタジーものか探偵ものか、180度変わってくると思うんですが・・・。

このベアトリーチェさん、実際に姿を現して「私は存在するのよ」と主張しますが、

戦人(バトラ)は意地でも、魔女や魔法の存在を信じようとしません。

魔女の存在を否定するために、戦人(バトラ)は人間の真犯人を探そうと推理を始めます。

ところが実際にベアトリーチェは、

魔法を使って完全殺人(密室とか)をやってのけるんです。

「魔法を使ってOKなのなら、犯罪推理の面白さがなくなってしまうのでは?」

と思ってしまい、途中で観れなくなってしまいました。

でもこれ、じつは作者さんのであり、最後に壮大なオチが残されているというハナシです。

ただ、そこに行きつくまでに、「ベアトリーチェは人間だ」「存在しない」「魔女だ」

登場人物が皆、それぞれに意見を戦わせる。(ここらへん悶々)

そして、真実は明かされぬまま、ストーリーが進行。

つまり、<視聴者に推理させ、結末を考えさせる>という作者さんの意図なのです。

作者さんとしては、真実の答えは「分かる人だけ分かる」ということらしいですが、

どうもスッキリしない・・・><

最後まで観れば、もしかしたら面白さが分かるのかもしれない。

(「ひぐらし」だって、最後の章でオチが明かされましたもんね)

でも、最後まで観ることができなかったので、私は真相を知ることができません。

ネット上ではさまざまな考察が飛び交っていますが、

私はそれを拾い読みして中途半端に満足しています笑。

ただ、物語に出てくる小道具がゴシックでうっとりするので、それを楽しみに観ていました。

あと、登場人物の名前がスゴイ。キラキラネーム系か、または純日本人系か、

そのどっちかの名前しか出てこない。

そして、ひぐらしキャラとカブる人物がたくさん出てくるので、

そこは懐かしくて楽しいです。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ