楠本まきっていうゴシック漫画家さん知ってる?「Kの葬列」ほか

スポンサード リンク


楠本まきっていうゴシック漫画家さん知ってる?「Kの葬列」ほかgasyuu

【退廃、耽美、虚無。ゴシック要素満載のダークなマンガ】

年の離れた姉の楠本まきマンガをこっそり読み漁っていた幼少期。

小学生の私にはオトナ&ダークすぎて分からなかったんだけど、

オトナになって読み返してみたら、なんとも魅惑の世界観ではありませんか!

モノクロの切り絵みたいな繊細な絵と、ナゾだらけのストーリー。

パンクロックだったりビジュアル系だったり、ちょっとフツーとは違う人たち

独特なドキワクワールドに惹き込まれるんです。

好き嫌いは分かれるかもしれないですね。こういう絵柄が好きなら、

眺めてるだけでも楽しいかも?画集も出てるんですね、知らなかった!

kiss楠本まきさんの代表作と言われる『KISSXXXX』。

XXXXの意味は「KISS」。つまりタイトルは『KISSKISS』ですね。

表紙の色合いからしてすでにゴシックムード満点。

かなり前の作品なので、絵柄や服装、セリフなどは時代を感じさせるけど

オシャレ感はそのまま!V系バンドマンのオハナシです。

一度読んだ人には「うわぁ懐かしい!」って感動モノ。

tsubomi楠本まきさんは、今海外で活躍されているんだとか。

日本っぽい繊細さもありつつ、ゴスな雰囲気をステキに描く作家さん。

海外ウケもいいということでしょうね。

【私のイチオシ!「Kの葬列」全2巻・「死体がない殺人事件」】

k『Kの葬列』。オシャレで奇妙なマンガです。

ゴシックな洋館っぽいアパートで、人が死にます。

その葬儀で、アパートの住人が集うシーンからマンガは始まります。

でも、死体がないので「実は死人はアパートのどこかで生きてるんじゃないか」みたいな

推理を始める人がいるんです。ちょっとアガサクリスティーっぽいんです。

アパートという閉じられた空間内で、フシギなアイテムを集めたり、

ほかの漫画にはないテイストが散りばめられていて、いい意味で独特なのです。

Kの葬列は2巻で完結。結果「どういうことなの・・・!?」とナゾの残る漫画なんですが、

その他の楠本まき作品をあわせて読むことで、答えに繋がっていく・・・というもの。

さいきんまた読み返したんだけど、やっぱりKの葬列だけでは理解不能でした。

オトナになって読んでも分からないんだから、

子供のとき読んだってわかるはずもない。だけど、妙に記憶に残る作品だったので、

思わず読み込んでしまいました。Kの葬列は、絵柄に時代を感じさせません。

今読んでも美しく、色あせない絵柄。不可解なゴシック・ミステリーです。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ