「The Ash」~黒薔薇と炎の芸術がゴシックで退廃的!

スポンサード リンク


「The Ash」~黒薔薇と炎の芸術がゴシックで退廃的!

ash-rose出典 http://blog.nakatanigo.net/

【タイトルは「The Ash」。退廃美を感じさせるモチーフ】

ワルシャワのクリエイティブチーム「Ars Thanea」が制作した、

燃え尽きてくすぶった黒いバラのモチーフ美術『The Ash』。

これぞまさに退廃美!命尽きる前の”最期のともしび感”がなんともゴシックです。

もともとバラそのものにゴシック要素があるけれど、

みずみずしい状態ではなく、灰になろうとしているシーンを切り取ったところが良いですね。

ash-rose2出典 http://blog.nakatanigo.net/

「退廃的」という言葉のニュアンスには、”耽美な死”という要素も含まれます。

死は、有機物であればなんであろうと当てはまるもので、

植物、動物、建築物などジャンルを問わない<この世の定め>です。

「退廃美」という言葉の中は、陽光だとか青空だとか健全な精神とか、

そういう明るいものを一切含みません。

どっちかというと、あの世を感じさせ、堕落して衰退した雰囲気の中に見出す芸術です。

その不健全さゆえに、敬遠されることも多い「退廃美」ですが、

世の中にはそこに美しさを見出す人も一定数存在します。

【万物は必ず衰え死ぬ。そこに仄暗い美しさがある】

ash-rose3出典 http://blog.nakatanigo.net/

人間もバラの花も、いつかはその原型を失い、死に向かいます。

その儚さの中に、ひそかな華やかさを見出す。それがゴシック美術だと私は思ってます。

<ゴシックな退廃美>というと、ヨーロッパの印象が強いですが、

日本でも古来、滅びゆく過程に美を見出す文献が多く存在していますよね。

「平家物語」冒頭などにも、散りゆくものへの美を垣間見ることができますし、

枯れゆくもの、古びたもの、すさんだものを愛好する日本人は少なくないはずです。

ash-rose4出典 http://blog.nakatanigo.net/

”死の予感”は、どこか甘美さを湛えるものです。

この灰になっていくバラにも、そんな麗しさを感じます。

ゴシックとは、決して地味なものではなく、意外にも華やかなテイストをはらむもの。

ヨーロッパでいうゴシック様式とは、

日本人でいう「ワビサビ」に華やかさをプラスしたようなものだと

勝手に解釈しているのですが、どうでしょうか。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ