【ゴシックな季節到来】秋=死を思わせる季節~お耽美×退廃美

【ゴシックな季節到来】秋=死を思わせる季節~お耽美×退廃美aki

【だんだん色を失っていく景色、秋。この時期こそまさにゴシック】

太陽が照りつける夏から、風景がすべて色あせていく季節「秋」へ。

植物も緑の葉っぱを失い、冬枯れに向かって生命たちが衰えていきます。

四季は人生にも例えられるけど、まさに”死へ向かう”時を思わせる秋って、

1年のうちでももっともゴスな季節だと思うんです。

ゴシックには、活気や陽気さが似合わない。

陰鬱で生気のない、色のない季節こそがゴシックイメージにぴったり。

もちろん、冬は万物の死に絶える季節。冬にだってゴシック要素はあります。

でも、自分の中ではやっぱり秋なんです。なぜか。

aki2なぜか秋にはバロック音楽が似合う。

バロック音楽は、ヨーロッパのルネサンス期の音楽とされていますが、

明確な定義はありません。

教会音楽に密接に関わりのあるこの時代の音楽は、古式ゆかしい端正な曲調が多く、

バッハに代表されるパイプオルガン曲がゴシック美を思わせます。

piano秋が深まった頃の身の引き締まるような朝、

バロック音楽を聴くとゴシック気分に浸れるんです。

インターネットラジオでバロック音楽をかけながら、朝ごはんを食べると、

まるで宮廷の朝食の風景のよう。目を閉じればの話ですけどね。

目を開けると、狭いいつもの我が家の景色が眼前に広がり、

一気に現実に引き戻されちゃうんですが(笑)。

ただ、紅茶とパンの香りとバロック音楽があれば、

一瞬ゴシックワールドにトリップできちゃうんですよ。

教会音楽って鎮魂の色合いが濃いので、それだけで厳かなゴシック気分に浸れるんです。

でも、けっして地味ではない。むしろお耽美です。

私はゴシックテイスト=「暗くて気品あふれるお耽美テイスト」だと思っています。

【ゴシックな秋カラーといえば、まさにこういう色合い】

CIMG3209上の写真は、とあるオルゴール美術館の装飾。

古いヨーロッパの香りがします。オルガンとバイオリンを奏でる人形たち。

この色合いを見ていると、モスグリーンや深いブルーなどのゴシックカラーばかり。

これらのカラーって、1年のうちでもっとも秋にふさわしい色合いだと思うんです。

気品あふれる宮廷のゴシックなドレスカラー。

ゴシックテイストというのは、けっして明るい色合いのものではないんですね。

どこかちょっと憂いを帯びて、物寂しい雰囲気が似つかわしい。

それこそ、まさに「秋」の季節にふさわしい気がするんです。

冬には冬の明るさがあるけど、秋には暗い色調の美しさが似合う。

poそれに秋は”芸術の秋”でもあります。

ゴシックテイストって耽美派の音楽や美術がぴったりなので、

もっともゴシックの美しさを引き立てる季節のような気がします。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ