和ゴス漫画といえばコレ!『xxxHOLiC(ホリック)』byCLAMP

和ゴス漫画といえばコレ!『xxxHOLiC(ホリック)』byCLAMP

◆少しネタバレ含みます◆

yu-kosan

title出典 http://yanmaga.jp/

【CLAMPの描く”妖かし和ゴス”の世界。日本の魔物は恐ろしい】

yu-kosan2CLAMPの漫画、『×××HOLiC(ホリック)』。和ゴス漫画といえばコレ!って感じです。

ホリックの題字も和ゴスホラーな感じが漂ってて、すごくオシャレ。クランプさんはほんとすごい。萌え系からマジメ系まで、どんな漫画でも描けちゃう。わりとゴシック色の強い漫画も多い気がします。

90年代の作品だと「東京BABYLON(バビロン)」「X」が、ちょっと和ゴス要素のある設定。荒俣宏氏の「帝都物語」と妖(あやかし)がセットになったような雰囲気が面白い。陰陽道も和ゴス要素アリですね。

「×××HOLiC(ホリック)」には、昔からいる日本独自の妖魔がいっぱい出てきます。個人的には『くだぎつね』が好みです。竹筒の中に入って持ち歩ける細長いキツネの妖魔。

ホリックのクダギツネはカワイイですが、実際にはあんまり出会いたくない系です(たぶんキモチワルイ)。

【主人公は「四月一日(ワタヌキ)」少年。 準主役は「百目鬼(ドウメキ)」少年】

watanukidomeki出典 http://lastcroa.jugem.jp/

お人よしでうだつのあがらない主人公「四月一日 君尋(ワタヌキ キミヒロ)」。「四月一日」とは昔、冬が明けるこの時期に着物(半纏など)から綿を抜いたことからきた名字らしいです。

要領がよくクールでモテ系の「百目鬼 静(ドウメキ シズカ)」。主役から妬まれまくりです。「百目鬼」の名字は由来がよく分かりませんが、地名でもたま~に見かけます。

ワタヌキ少年は、妖(あやかし)の姿が自分だけに見えて困っていたところを、とつぜん湧いて出た謎のお店の主「侑子(ユーコ)」さんに救われます。

ただし、このユーコさん、かなり¥にガメツイ。ただでは救わないので、強制的にアルバイトとして雇われる主人公。

でもこの出会いは偶然ではなく、出会うべくして出会った「必然」によるものでした。そこから広がっていく魔物ストーリー。

ただの魔物退治のハナシではないところが、「×××HOLiC(ホリック)」の魅力です。日本に昔から存在する「コトノハ」(コトダマ的な意味で)をうまく使ってストーリーを展開していく。

holicゾクッとした話といえば、他人の気を引くために「ケガだ病気だ」と嘘をつき続けた女性が、最後に「あたし、死んじゃうかも☆」みたいな自身の発言で、「言葉の縛り」を実現させて命を落とすストーリー。

古くからの日本の怖い格言みたいなのを、ちょっとずつ織り交ぜて、漫画で教えてくれるようなトコロもあります。

また、「夜に爪を切ると、後ろから巨大なハサミでを落とされる」みたいな、いかにもジャパニーズホラーな話もありました。

もともと夜に爪を切ってはいけないというのは、「ヨヅメ」=「夜詰め(夜参勤で親の死に目に会えない)」ということから来てるそうですが、ほかにも「そんないわれがあったのか・・・!」みたいな”気づき”をたくさんくれる漫画です。

日本の妖(あやかし)ストーリーって、エグいものが多いですが、身につまされるハナシも多い。そういう意味でも、ホリック漫画ははためになるんです。

もちろん絵の美しさ、細やかさは言わずもがなの一級品。イラスト集もよく売れてますね。

【侑子(ユーコ)さんは結局どうなってしまったのか?噂によれば・・・】

yu-kosan3まだ私、最新刊を読んでないのでなんともいえませんが、ホリックのキーマンである侑子さんは今のところ姿を完全に消してしまってます。

ウワサによると、悲しいことに「侑子さんはもうこの世には・・・」というハナシですが、「×××HOLiC~戻」みたいな続編も出てるようなので、よく分からずにいます。

ホリックは実写版も出ましたが、私は侑子さん=栗山千明さんのイメージしかなかったので、キャスティングは少し「?」な感じでした。

栗山千明さんて和ゴスを地でいける、麗しくも妖しい魅力満載です。ぱっつん前髪&黒髪があんなに似合う美女も珍しい。

「死国」の配役は完璧でした。キルビルにも出演されてましたが、海外から見ても日本美女のエキゾチックなイメージなんでしょうね。

セクシーな謎の姉御肌美女、侑子さんとその周りに起こる妖しのストーリー。ゴシックな和風の絵柄も見どころ。オススメです。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ