病みすぎゴスロリホラー漫画★「スウィートビターガールズ」

スポンサード リンク


病みすぎゴスロリホラー漫画★「スウィートビターガールズ」

「なぜここまで!」と思うほどに病みまくってる漫画、

『スウィートビターガールズ』(作・柏屋コッコさん)。

あまりにダークサイドに落ちすぎな漫画ですが、お耽美な絵柄と

ファッション、ゴシックモチーフがいっぱい登場するので

目の保養的にステキな漫画でした。

愚か者が天罰を受ける描写があり、

内容は漫画「悪魔(デイモス)の花嫁」に少し似てるんだけど、

もっと少女漫画チックな雰囲気です。(しかし内容は重め?)

友人のためにアムカ(アームカット)を宣言する主人公。

血を見て「美しい・・・」と溜息する主人公は、

親友の気をひくために、自傷行為をエスカレートさせていく。

私にはこういうキモチや衝動がまったく理解できないんですが、

この漫画の世界観にはとってもマッチしています。

廃屋でお茶会したりリスカパーティーしたり、

登場人物がほぼ素敵に狂ってます。

自傷パーティーが度を超したため

廃屋は血みどろの阿鼻叫喚地獄に(←ちょっとギャグっぽい)。

最後に主人公は、自分の体のアチコチをソーイング。

「人間テディベア」になりきって、友達の愛情を得るのでした(狂気)。

【人形師の苦悩、親との確執・・・テーマが濃い】

この漫画は短編集になってます。

中でも分かりやすくて面白かったのが、人形師のお話。

皆の憧れの人形作家の女の子は、展示会が近いにも関わらず

思った通りのパーフェクトな人形が出来上がりません。

「ああでもない、こうでもない」と人形を壊しては作り直します。

でも、伸びやかな肢体や完璧なお顔が完成せず苦悩の挙句、

身近で美しい手足や顔を持つ女の子のパーツを殺して集めて型を取り、

最後に完璧なお顔を持つ友人を狙います。

が、人形はここで意思を得て、人形作家を殺し、

顔のないまま逃げ去ってしまう・・・というオハナシ。

絵柄はちょっと三原ミツカズさんっぽくて、女子は皆デカ目です。

ゴスロリファッションがすごく可愛い。NANAみたいな

V系女子も出てきます。親との確執で、蜘蛛のタトゥーを入れている。

何かしら皆病んでますね。

「悪魔の花嫁」ほどドロドロしてなくて、あっさり展開。

作者さんが楳図かずおさんのファンということもあって、

ちょっとホラーギャグな世界となっている。

1巻で完結してしまってるのが惜しいですね。

続巻があったら買ってたかも。絵がお耽美で癒されます。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ