Mana様ブランド「モワ・メーム・モワティエ」がいまだに読めない

Mana様ブランド「モワ・メーム・モワティエ」がいまだに読めない

mana-sama1出典 http://item.rakuten.co.jp/

【マリスミゼルのMana様のゴシックお洋服ブランド名が難しい】

いまだにソラで憶えられないMoi-meme-Moitieブランド名。

「モワ・メーム・モワティエ」と読むんですが、横文字表記だといまだに戸惑います。

フランス読みなんでしょうか?

宝島社の雑誌「ゴシック&ロリータバイブル」創刊にも関わりのあるMana様。

Mana様の年齢不詳の美しさ、この世のものとは思えません。

いくら白塗りしてたって、お肌年齢ってごまかせないはずなんだけど、

おそらく素顔やお肌もお美しいのでしょう。

moiそういえば、Mana様伝説にはいろいろありますが、

マリスミゼルの中でのMana様の立ち位置は「お人形」でした。

だから、インタビューなんかでもMana様はいっさい言葉を発しないんです。

会話はすべてメンバーを通じて耳打ちだったりして大変そうでしたが、

キャラが立っていて、観てて楽しかったです。髪の毛はいつも縦ロールの金髪、

ヘッドセットに青系のドレス。そのスタイルは一貫してそのままです。

現在のMana様は「Moi dix Mois(モワディスモワ)」というサウンドプロジェクトで

活躍されてますが、女装というより最近は男性っぽい雰囲気?

ツイッターなどを拝見しても、中性度が増したような気がするのは私だけでしょうか?

【Mana様デザインのお洋服がゴスで麗しい!深い青が基調】

mana-sama2出典 http://item.rakuten.co.jp/

雑誌「ゴシック&ロリータバイブル」にいつも登場するMana様。

ご自身でデザインされたお洋服を着こなしてらっしゃいますが、

女性にも男性にも見えるのがすごいです。すごく細いんですね。

華奢なのでいつみても性別不詳&年齢不詳。

Mana様のお気に入りのカラーは、深みのある暗い青です。

なので、カラードレスのほとんどがブルー系です。あとは白黒。

mana-sama3出典 http://item.rakuten.co.jp/

こういうお城の柄や枯れたような森林の柄がお好みのようです。

夜空×月などのモチーフも多い。タイダイ柄が下敷きになってることも。

まさに麗しのゴシックワールドになっています。うっとり。

mana-sama4出典 http://item.rakuten.co.jp/

こういうデザインもあるんですね~かわいすぎる!!

年齢無関係にこういうのはほんとストライクです。着てみたい・・・❤

中世の貴婦人や貴族の少女のようなお洋服デザインがいっぱいです。

現在のMana様は、やっぱりお人形のままなんでしょうか?

いまだに声を拝聴したことがありませんが。。(笑)。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ