人生初ブリーチ(ポイントカラー)を自宅セルフトライ(1)

スポンサード リンク


人生初ブリーチ(ポイントカラー)を自宅セルフトライ(1)

低刺激できれいな発色の「フレッシュライト」(ヘンケルシュワルツコフ)。

その「メガメガブリーチ」で、ポイントカラー用の”部分色抜き”にトライ。

今までヘアカラーばかりで、ブリーチは未体験ゾーン。ドキドキでした★

【髪の傷みが怖くて思い切れなかった過去】

ブリーチ。←このワードを見るだけで「髪が傷む」「怖い」「失敗しそう」

というイメージが先行して、手出しできなかった私。

髪にコシがなくお肌も弱いため、”とにかく低刺激第一主義”でした。

でも、さいきん毛先のみのポイントカラーとかグラデーションカラーとか、

ちょっと面白い色の入れ方が増えてて、すごく気になってたんです。

ただ、年齢的に「ヤンキーorギャルみたいな脱色はちょっとな・・」と躊躇したし、

田舎暮らしゆえ、白眼視は避けたい感じ。

というわけで、「大人の落ち着きもありつつ、単色以外のカラーはないものか」

考え抜いた結果・・・

ほんの一部分だけ、ブリーチでお試し脱色してみることに(すごく勇気要った)

ヘアカラーといえば、本来の髪色の上からカラーフィルムをあてがうようなもの。

いっぽう、ブリーチは地毛の色を白金に近い状態にまで脱色すること(その後、追加で色を入れると〇)。

その分、薬剤も強くて、髪や皮膚の傷み具合も強くなる。

でも、それを押してでも今回はやってみたかったんです。気分的に。

【昔、セルフパーマで髪が溶けたことがある】

カラーもカットも長年自前ですが、パーマ剤のキツイのを入れた昔、

髪がちりぢりになって溶けてまずいことになった経験があります。

「またあの日の恐怖が繰り返されるのか・・・」とブリーチ剤に恐れを成してきました。

というわけで、

今回のトライ条件は、「放置時間を最短にして、地肌に薬剤をつけない」こと。

今、カラーリングでこんな色になってます(電灯が黄色なのでこんな色)。

猫っ毛+髪の傷みにより、ブリーチは入りやすい状態です。

初めてのブリーチ、「手順が違うのかな?」と心配でしたが、

内容物は、見慣れたカラーリング容器に、パウダーが1袋追加された感じでした。

フレッシュライトのブリーチの場合、薬剤は3種類。

これをマゼマゼして液を作ります(今回はノズル式容器)。

奥はアフター用トリートメントです。袋を間違えば一巻の終わり。

慎重に混合していきます。

もし手や服についても、すぐ水で洗い流せば割と無事です。

ニオイは、カラーリング剤よりも強め。たとえて言うなら、プールの塩素?

ただしフレッシュライト様のは、かなり刺激&ニオイを抑えてあるので有難い。

これで、地味で退屈なショートとサヨナラできるかもしれない。

退屈は、私にとって人生最大の敵。でも髪色を変えるだけで、気分は見違えます。

⇒(2)へつづく



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ