映画「クリムゾン・ピーク」の意味が怖い&映像がゴスで素敵

スポンサード リンク


映画「クリムゾン・ピーク」の意味が怖い&映像がゴスで素敵cp1

【ゴシックな映像美を堪能したい方&怖いのOKな方におすすめ】

cp4

さいきんB級映画&Z級映画にハマっていろいろ観てたんだけど

ハズレが多すぎて時間の無駄遣いをしてしまった感があったので、

「たまには」と怖いのをレンタルしてみました。これはキモコワでした。

ちょっと後残りするような怖さ。まず、「クリムゾンピーク」という題名。

cp3

crimsonは”深紅”という意味で、peakは”丘”や”最高潮”の意味。

主人公は「アリスインワンダーランド」の主役、

色白金髪のイノセントなミアワシコウスカさん。ピュアで素敵配役です。

で、この主人公が寝ていると夜な夜な、赤い骨だけの血みどろの霊が

「クリムゾンピークに気をつけなさい・・・」と囁いてくる(怖すぎ)。

「クリムゾンピークって何?」ってすごく気になりつつ観進めていくと、

夢見がちな機械設計師の青年が熱烈アプローチしてきます。

主人公はめちゃくちゃお金持ちのお嬢様で、父親はイヤな予感がするものだから

「アプローチを断れ」といいます。でも娘は恋する乙女状態で聞き入れない。

青年は実際に財産目的で、見るからに意地悪そうな姉とともに企てて、

主人公の父を殺します。娘は父の死の真相を知りません。

青年はうまく娘の恋心につけこんで・・・

cp2

▲門扉とお屋敷の距離が異常。うらやましい▲

自分のお屋敷(広すぎ)へ連れ帰ります。お姉さんも同居です(!)。

主人公は「お姉さんは意地悪いけど、夫が愛してくれるからいいわ!」とばかりに

開き直ってお屋敷で暮らし始めます。しかし・・・

【なんだこの建物は・・・!めちゃくちゃゴシック(笑)】

いいですね、ゴシックハウスって。住んでみたいです。

玄関開けたらいきなり吹き抜け天井で、だだっ広い螺旋階段が上へ上へ連なっている。

屋敷の血筋の人物画が階段の壁にかけられ、大きな蛾がいっぱい・・・。

壊れかけた古いお屋敷。暖炉がずっと焚かれています。素敵。

蓄音機の時代なので、そういうスチームパンクな機械がいっぱい出てくる。

お金かかってる感じします。

素敵な猫足のバスタブ。しかし出てくるのは血のように赤い水。

優しい夫は「地下室にはいくな」と主人公に言い含めます。

そんなの言われたら余計に好奇心が(笑)

でも主人公は自分の意志と無関係に、地下室へ赤い骨の人に誘われます。

 

地下には、血のような深紅色の採掘粘土が貯蔵されていました。

「クリムゾン」とはここら一帯で採掘される赤粘土だったのです。

そして、その貯蔵タンクに女性の遺体。骨が赤く染まっています。この女性こそが、

主人公に何度も警告してきた骨の幽霊。この女性は、夫&その姉の母親でした。

猫足のバスタブで、頭を斧で割られてずいぶん昔に死亡していたんです。

主人公は、徐々に真相を知っていき、ついにすべてを知ることに・・・。

そして、行動に出る主人公。手に汗握る展開でした。

けっこう救いようのないストーリーですが、豪華で見ごたえバッチリなのと、

つじつま合わせがよくできているのとで、個人的に高得点でした。

夫の姉役・女優ジェシカ・チャステインが好演でした。夫にこんな猟奇的な姉がいたら

私なら即離婚です(笑)怖すぎ。精神的に追い詰められそうです。

いろいろといわくがありすぎな屋敷だけど、いちおうハッピーエンド・・・なのかな?

主人公の今後に幸あれって感じです。おすすめのゴシック映画。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ