「13」という西洋の”忌(い)み数”の意味は?

スポンサード リンク


「13」という西洋の”忌(い)み数”の意味は?13friday

【13日の金曜日の「13」という忌み数】

西洋では、「13」という数字がものすごく嫌われる傾向です。

「13日の金曜日」はジェイソンがやってくる日ですよね。

13日&金曜日はじっさいのカレンダーで重なることがあるけど、

その日に何か悪いことが起きると、「あっ・・・今日13日の金曜日か!」などと

無意味に悪事と結び付けたくなるもの。

迷信と分かっていながらも、なんとなく気味が悪い印象です。

ジェイソンのイメージが強いせいかも?(あんなの来たら失神モノ)

日本だと、忌み数といえばまず思い浮かぶのが「4(死)・9(苦)」だと思います・

連続数字の中でも、4と9はたいてい避けられている。

たとえば、高層建物の階数や部屋番号などもそうですよね。

103号室の隣は、いきなり105号室であることが多いです。

そんな具合で、海外でもあの手この手で、「13」という数字を忌避する傾向。

12-1出典 https://ja.wikipedia.org/

もう上の写真なんて、涙ぐましいほどの努力です。

「12+1=」・・・考えましたね(笑)なんだか可愛らしくもある。

これ、番地だとしたら、郵便物にはどう記載されているんだろう・・・?(非公式番地?)

にしても、いかに13という数字が嫌われているかがよく分かります。

なんだか、13という数字が不憫になってきました。ただの数字なのに☆

【13を避ける理由は多数!(ちょっと理解不能な部分も)】

imisuu出典 https://ja.wikipedia.org/

上の写真は上海だそうですが、やっぱり13階はないんですよね。

グローバル化にともなって、日本でも13という数字を回避する企業が多いそうです。

キリスト教では、13にまつわる凶事が非常に多いため、13は嫌われ者です。

たとえば裏切り者のユダは、キリストの13番目の弟子であり、

晩餐でも13番目の席についていただとか、

北欧神話では、13人目の客が殺人に関わっただとか、

13に関わると、何かと不吉な出来事が起きている様子。

じつは、日本の忌避数である4と9を足しても13になりますよね。

だから、13は日本でも嫌われていることがあります。

でもかなりこじつけな気も・・・(笑)。

パーティーなどでは、来客の合計が13人になると、

もう一人呼んで13人になることを避けたり、

戦闘機の数字には13を付けない、などの工夫がされているそうです。

すごい嫌われっぷり(笑)。

13という数字に、ちょっぴり同情してしまいます★

13の忌み数は六十進法にも関わるそうですが、私は文系なので触れずにおきます(笑)



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ