ALIPRO宝野アリカさんの年齢不詳の魅力はその意識にあった

ALIPRO宝野アリカさんの年齢不詳の魅力はその意識にあった

 

女性の有名人について考えるとき、

特に女性の場合、さらにビジュアルが大事なお仕事柄である場合、

年齢ってけっこう重要なファクターだと思ってます。

 

でも、逆に年齢という概念を超越している女性もお見掛けする。

その一人が、私の中では宝野アリカさんです。

 

年齢無関係な美しさ&気迫

その名のとおり、ご自身が「宝の在処」的な存在。

好きなことを究めた結果、たくさんのファンが生まれるという

まさに理想的な生き方。憧れます。

(ピチカートファイブの野宮真貴さんも同じ系統?)

 

 

日本人で、こういうカッコよさを持つ人って少ない。

なぜなら、横並び思想が板についちゃってるから。

 

浮いた存在、目立つ存在にはならず、

「この年齢なら〇〇にしないと」と生き方やファッションに謎の概念や枠を作り

その中に自分を押し込めて安心する。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、引っ込み思案になっていく人は多いです。

 

 

特に女性は、年齢とともに後ろへ隠れてしまう傾向。

女子アナに若い女性が多いのも、年配になるとニュースを読まなくなるのも

日本ならでは、という感じがします。

 

 

そういえば、日本の漫画の主人公には高校生が多い。

これ、海外では「なぜ?」とフシギに思われてるそうですね。

(※日本では「学生がもっともヒマ」というのもあるそうですが)

 

バットマンのような国民的アニメでも、主人公は学生ではない。

日本の代表アニメは、ポケモンのようにやっぱり学生なことが多いです。

 

そこから推し量れるように、<若い=価値がある、表舞台>という意識が

根強い国なんだと思うんですよね、ニッポンって。

 

「女性は年を取ったら終わりではない」

2018年で55歳という年齢を迎える宝野アリカさん。

 

あるインタビューで「感性を枯渇させない」「自身に制限を設けない」など

生きざまを提唱しているアリカさんが、とにかく一本気でブレてない。

 

常に何かやりたいことに取り組んでいて、

それが”ファンや世間に迎合するものではない”というのがステキ。

 

美輪明宏さんも著書の中で「何にも囚われないこと」をモットーにするよう

言葉を綴っていましたが、

真の自由人は既成概念に縛られないんですね。

 

 

て、こんなことを書いてる私ですが、

誕生日を迎えると「ええ・・・もうこんな年齢?」

年齢にそぐわない精神年齢やチープファッションに関して

ちょっと恥じるような気持になります。

 

「この年齢でこんなことやってていいんだろうか」

「周りは着実に地に足をつけてるのに」

 

などなど、周囲と比較したり、世間からズレるのを恐れたり。

 

「もうそろそろ、こんな格好はやめないと・・・」

と何か強迫観念的なものを感じ始めるんです。

それって誰のためなんでしょうね。いいカッコしいなだけかも。

 

今回のアリカさんのインタビューで印象に残った言葉は、

「何もない365日より、何か1個ずつやれば365個残るから」

というもの。

 

これを積み重ねることで、40代、50代になったときに

違いが出てくるのだそうです。

 

私も1日1つ、小さくていいから自分のために何か積み上げていきたいな。

 

 

宝野アリカさん&ALI PROJECTの濃密ゴシックワールド!

アニメ「ローゼンメイデン」ゴシックドールたちの美しく切ない闘い

カルメン・デロリフィチェ◆存在自体がゴシック美な86歳現役モデル

ゴシックなゴシップNews★青木美沙子ちゃん年齢カミングアウト!

 



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ