ベロア素材ってそれだけでゴシック!とくにベロアワンピ大好き

ベロア素材ってそれだけでゴシック!とくにベロアワンピ大好き

velour1出典 http://item.rakuten.co.jp/cocoroad/36147/

【ベロアワンピースが大好き!あの光沢感&落ち感、テロ感がモロツボ】

ベロアワンピース、秋冬にすごく着たくなる。

母親世代は別珍(べっちん)と呼んでたけど、今は「ベロア」が主流かも?

でもじつは、ベロアっていったいなんなのか、よく分かってなかったりするんですね。

で、調べてみたら、ますます分からなくなってしまった罠(笑)。

まず、ベロアと別珍とベルベットはどれも似て非なるモノらしいです。

どの素材にも共通するのは、<光沢感&立毛>。違うのは、製造方法でした。

velour2

★ベロア⇒パイル地。その表面をカットして、長く毛を残したもの。厚みがある。

★別珍(べっちん)⇒素材は主に「綿」。コーデュロイと似ている。毛足が短め。

★ベルベット⇒ビロードともいう。主素材はレーヨンやシルク。毛足が長め。

えーと・・・分からない笑。なんとなく分かったようで、分かってないです。

ベルベットはなんとなく特別高価な素材っぽい。

そもそも厚みが違うし、普段着に使えない素材だし。

それに対して、別珍やベロア、コーデュロイ素材は珍しくないし、

普段着に使われてるので、身近ではありますよね。

でも、私の中では「古式ゆかしき素材」というイメージ(勝手に)。

velour3出典 http://item.rakuten.co.jp/artlifeabee/141141/

光沢感が優雅に見えるからかも?安直ですが。

やっぱりベロアワンピースってどこか中世っぽい気がするんです。

着てると、ちょっと特別な気分になれる服。けっこうあったか素材でもある。

【姫っぽいベロアワンピに惹かれます。たとえばこんなカタチとか】

velour4出典 http://item.rakuten.co.jp/dressmode/c-pjop3550/

ちょっと”お呼ばれ”っぽいデザインの乙女なワンピース。

華やかだけど、落ち着きカラーですごくステキ!

もっとこういうワンピを着る機会が日常にあったらいいのに★

こういうフロッキー刺繍もプチゴスな雰囲気で好みなんです。

サテンのウエストマークリボンとかレース刺繍とか、細部まで美しい。

CIMG2771とはいえ、私が持っているベロアワンピといえば、コレ一着のみ。

ほかには結婚式のお呼ばれ衣装で仕舞い込んでるのが数着。

胸元のスクエアカットやバルーン袖がスキ。

なかなか出番はないけど、持ってるだけでホクホクのワンピース。

そういう服も手元に持っておくのが、精神の保養になると思ってます。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ