一本挿しのゴシックな素敵羽ペンスタンドを発見してしまった…!

一本挿しのゴシックな素敵羽ペンスタンドを発見してしまった…!stand2

【ああヤバイ、物欲が・・・(笑)これすごく欲しい】

めっちゃかわいい羽ペンスタンドを発見してしまい、

物欲にさいなまれるワタシです。ほんとにかわゆい。

羽ペンじゃなくても1本挿しボールペンスタンドとしてでもOK。

ハート型でシルバー、細かい彫り込み・・・!もう大好き(*´ω`*)

机の上に1つあるだけでホクホクできちゃうアイテム。姫ゴス系かな?

stand3どうしよう、いつか買ってしまいそうで怖い笑。

マイバスデにでも自分へのご褒美に買っちゃいたいくらい。

気分は王妃ですよ、もはや。2000円台で買えるみたいだし、

王宮買うようなお値段なでもないからなぁ。。。と検討中。

小市民にも手が届くので、つい入手してしまいたくなる。

stand1ちなみにホワイトカラーもあります!うーん、乙女!でも、

彫りが分かりやすいのは断然シルバーなので、買うならシルバー。(買う気満々)

どうせなら羽ペンも同時購入したいんですね。

haneこんな風に、根元におリボンのついた羽ペンもあるんですね。優雅。

でもそうなると、インキも買わなきゃいけないし、そしたら今度は

羊皮紙とか欲しくなっちゃうかもしれない。出費がかさむこと間違いなし。

inkインク瓶も並べておくだけでオシャレなんですよね。ステキな色合い。

さいきん羽ペンのトリコです。

【羽ペンには、さらにほかの小道具も必要になる・・・?】

hanepen出典 https://ja.wikipedia.org/

羽ペンを”つけペン”にするとしたら、書き味に欠かせないのが先端の形状維持らしいです。

たしかに、いくら丈夫な鳥の骨でも、書いていくうちに削れて尖りが甘くなってきそう。

なので、ペン先を削り調整するために、

「ペンナイフ」なるものも必要になってくるみたいです(笑)

どんどん増える必須アイテム。いくら¥があっても足りない。

よく考えたら、ゴシックアイテムってすべて非実用的なんですよね。

見た目重視なのでデコラティブだし、シンプルとは真逆の立ち位置。

羽ペン1つ買い足すと、それに付随するアイテム数の多いこと多いこと。

でもその煩わしさも、ゴシックの楽しさだったりします。

無駄な装飾性にこそ価値があるんですよね。ゴシックって。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ