羽ペンは私の長年の憧れ。ゴシックな羽ペンをいつかきっと・・・!

スポンサード リンク


羽ペンは私の長年の憧れ。ゴシックな羽ペンをいつかきっと・・・!

rg1◆クリックde拡大◆

【羽ペンへの憧れ。昔見た映画の1シーン、ゴシックな羽ペンにヒトメボレ】

子供の頃、古い洋館でお嬢様然とした女の子が、

羽ペンを使って物書きしているシーンを見てしまってから、

羽ペンへの憧れが止まらなくなりました。

子供のころから筆記用具にはこだわりがあったけど(といってもキティちゃんとか笑)、

「羽ペン」という異国情緒あふれるアイテムに触れる機会のなかった私は、

ものすごく恋焦がれたんです。羽根がフサフサしている、つけペンに。

set出典 http://item.rakuten.co.jp/buneido/750814/

インク瓶、替えのペン先、ペンスタンド、レターセット・・・。

ロマンチックすぎてうっとりしちゃいます。

つけペンって使うのが難しいので、インテリアとして飾っておくだけでもホクホク。

こんなセットをギフトでもらえたら・・・とか夢想します(誰もくれないけど)。

hane1出典 http://item.rakuten.co.jp/buneido/750814/

この装飾とかめちゃくちゃカッコイイ!彫りこみハンパないです。ステキ!

大理石の机の上で、優雅にこの羽ペンを羊皮紙とかに走らせたい。

海外のお友達とかに手紙を書くんです。AIR MAILを。

「親愛なる○○へ」とか。

まあ、海外にお友達なんていませんけどね。

hane2出典 http://item.rakuten.co.jp/the-article/bx53/

とかもあります・・・!

なんだろうこの特別感。海外カブレと蔑まれてもいい。

なんかもう、この羽根のついたペンに浪漫を禁じえないんです。

たぶん、逆に海外からしたら、「日本の書道セット」みたいなものなんでしょうね。

でも「ジャポニズム」は生まれたときから当たり前に身の回りにあるもの。

日本にないこの羽ペンという文化は、斬新でココロ惹かれてしまうんです。

【羽ペンがどうしても欲しくて、夜店で買った思い出。自作したことも】

yomise出典 http://item.rakuten.co.jp/meicho3/2-1164-1601/

お祭りの夜店って、ヘンなものを売ってたりしますよね。

そこで、1mくらいあるふざけた羽ペンを買ったことがあります。

忘れもしない。フサフサが不自然な蛍光の黄緑色で、ださいんですよ。

でもそれでも、幼心にホクホクしちゃいました。

家に帰ってその羽ペンモドキで文字を書いてたんですが、長さが1mなもので、

重くて文字がろくに書けなかった(笑)。

 

で、今度は父親の仕事の製図ペンを持ち出して、

拾ってきたカラスの羽根をテープで固定して使ってたら、

「汚いから捨てなさい!と」ひどく母親に怒られた思い出も。

 

最後には孔雀の羽根でペンを作ろうとして失敗。

なんだかんだ、けっこう無謀なチャレンジャーですね、私。

blue出典 http://item.rakuten.co.jp/zaccaru/nao0108c026/

でも、それくらい私の心をトリコにした羽ペン。

今でも欲しいと思っています。

ただ、文字の問題もあるんですよね。羽ペンって筆記体向きの文房具で、

日本の文字を書くのには向かないペン形状です。

 

それでも、私はいつか高級な羽ペンを買ってしまうと思います。

非実用的であったとしても、長年の夢なので。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ