ゴスな羽ペンを作りたい!⇒水辺で拾った鳥の羽根を消毒し・・・

スポンサード リンク


ゴスな羽ペンを作りたい!⇒水辺で拾った鳥の羽根を消毒し・・・CIMG5654

【水辺で拾ったナゾの黒い羽根・・・羽ペン作りたい!】

鳥の羽を拾ったら、羽根ペンを作りたくなるのが人のサガではないでしょうか?(たぶん)

羽ペンってあこがれますよね。映画でよくみる鵞(ガ)ペンとか。

ヨーロッパ王侯貴族が手紙を書くときなんかに優雅に走らせるペンは、

たいていフワフワ・フサフサした大きな羽根のついた立派なペン。

持ち手まわりには、金属の飾りみたいなのをつけていて、

それはそれはもうウットリ級なのです^^ああいうのを1本だけ、机に挿してみたい。

私はふだんは味気ないよくあるボールペンを使っていますが、

たまに「めんどくさそうだけど、インクをつけた羽ペンで文字を書いてみたい」と思う。

そう、きっと羽ペンってめんどくさい笑。インクがかすれそうだし、

アフターケアも必要でしょう。グリップも細そうだし、

重心が羽根のほうにあると、ものすごく文字がフラつきそうなんですよね。

それでも私のココロを魅了してくるんです、ゴシックな羽ペンって。

で、拾ってきた水鳥の羽なんですが、なんの鳥のものかは分からない。

もしかしたらカモとかかもしれない(カラスではなさそう)。

で、気になるのがやはりバイキンや病原菌。鳥インフルとか大丈夫かな、とか

素人考えでは思ってしまうんですよね。

【調べてみたけど、そこまで神経質にならなくてOK】

CIMG5655

ネット情報をあさってみたところ、鳥BODYから離れて時間が経っている羽は、

ウイルスなど危険なものが付着している可能性はほぼない、とのこと(安心)。

でも、気持ちの問題ですから、ネットで見た方法、熱湯消毒して、

CIMG5657消毒用ジェルで除菌、という流れにしてみました。

さすがにこれで菌も死に絶えたはず。ところが、

CIMG5658熱湯消毒のとき、きれいにそろっていた羽根が割れてしまい、

根元のフワフワの羽毛もなくなってしまいました・・・涙。

やはりいくら頑丈な鳥の羽とはいえ、100℃の熱湯にはかなわないようです。

あと、あまりに細いです。ボールペンインクの軸くらいしかないんですね笑。

長さも太さも不足気味。

調べてみると、羽ペン用の羽根は、どんな鳥のものでもOKだけど、

風切り羽根のような大きなものを用いましょう、と書かれています。

やっぱりこんなミニサイズじゃダメか★

でも作り方は簡単そうなんですよね。先端に縦に切れ込みを入れて、

エンピツのようにカッターなどでとがらせたら出来上がりなんです。

あとは、インクを買ってくるのみ。DIYできそう・・・!

もちろん、通販で既製品の羽ペンを買うのが手っ取り早いし、見栄えもいい。

でも、ひとたび羽根を拾ってしまったら、やっぱり「羽ペンDIYしたい!」って

思っちゃうんですよね。さて、この羽根、どうするかな★

何かのゴシックオブジェなんかに活かせそうな気もする^^



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ