ペンがつまらなかったのでDIY★ちょっぴりゴスかわ仕様に

ペンがつまらなかったのでDIY★ちょっぴりゴスかわ仕様に

家にあるボールペン。

使いやすくて大好きなメーカーさんのものなのですが

「いかにも”THE・ボールペン”なデザインがちょっとなぁ・・」

前から思っていました。

 

これはこれでシンプルで可愛いのです。

ですがたまに小学生の頃のようなファンシーグッズ的な

ムダにデザインがゴテゴテ付いてるものが欲しくなるんです。

(この想い、分かってくれる人はいないでしょうか)

 

ペンスタンドに挿したり机に転がしておいたりしても

サマになる素敵デザインにはならないものか・・・。

そう思い考案したのがボールペンDIYです。

 

ときどき無性にDIY魂が炸裂することがあります。

それはストレス過多だったり悩み事があったりして

気持ちがクサクサしているときに定期的に訪れる衝動。

 

創作が好きな者にとってDIYなど

その時の自分の内面世界を表出する作業

一見無意味ながら個人的にはものすごく有意義なものなのです・・・!

 

というわけで無意味にDIY開始!

 

 

 

イメージとしてはアクシーズファム的なゴスかわ感

 

 

ああっ・・・いきなりラインが歪んでしまいました。

薄くグルー(樹脂)をペンの軸に伸ばして

100円ショップのリボンテープを貼り付けたら

ラインがめちゃくちゃ歪んでしまったのです。

 

取り返しがつかない・・・でもDIYの味ってことにしよう。

 

軸そのもののデザインを変えるのってけっこう無謀です。

でもそんな無茶ぶりもDIYの愉しみのひとつだったりします。

 

 

軸がひんやりと冷たいので・・・

 

 

私は極度の冷え性なのですが、

ボールペンの軸がプラスチックというだけで

握る指先から徐々に体温が奪われ、最終的には全身の冷えが生じてしまいます。

地味にこの体質ツライです。(PCマウスやスマホでも同じ現象が起きる)

 

なんならペンの中に発熱する仕組みを内蔵して欲しいくらいです。

握ると温かいペン・・・想像するだけで幸せ感。

ペンが温かいなら、もっと文字を書きたくなるでしょうね。

 

さいきんは文字を書く機会が本当に減ったので

漢字とか書けなくなってきました。脳の退化おそるべし。

 

 

どんどん乙女化していくMYボールペン

 

 

いろいろ貼り付けていくと、まるで中世の貴公子のブラウスのような

謎のデザインに近づいていきました。なんだこれ・・・意味不明。

何が言いたいのか分からない。コンセプト不明です。

軸に白レースとかほんと何コレ状態。(でもすごく楽しい)

 

 

さらに、

 

 

こないだ服から落ちたレトロボタンをくっつけてみました。

 

 

ポケットに挿すためのクリップホルダーに黒レースを貼り付けました。

 

 

そして完成した超絶書きづらいボールペンの誕生・・・!

布貼りボールペンとか斬新すぎませんか?

握るとフワフワしてほんのり温かいです。

(プラスチック部はほんとに無機質で冷ややかなので)

 

実際に文字を書いてみると、紺リボンの端が手に当たり

めちゃくちゃくすぐったいです。

さらに白フリルがグリップを邪魔して滑るのなんの。

 

ただペンスタンドに挿すと一見ペンに見えなくて

ちょっと可愛い感じに仕上がっています。

 

ボールペンも着せ替えする時代にならないかなぁ。。★

好きな素材、色柄にチェンジできるペンとか楽しそうですよね。

文具メーカーさんが製作に乗り出してくれると嬉しいな。

 

というわけでムダにDIY遊びの時間でした♥

 

【ゴシックな筆記用具】黒の羽根ペンをついに入手・・・!

【麗しの薔薇文房具】ゴスカワすぎて4本買いを禁じ得ず・・・!

羽ペンは私の長年の憧れ。ゴシックな羽ペンをいつかきっと・・・!

ゴスな羽ペンを作りたい!⇒水辺で拾った鳥の羽根を消毒し・・・

 



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ