ヤミカワアイドル「うしじまいい肉」が病気だったといわれる所以

ヤミカワアイドル「うしじまいい肉」が病気だったといわれる所以

 

ヤミカワの頂点アイドル、「うしじまいい肉」さん。

可愛いけど、きっと病んでる。

病んでたって、そのほうがむしろ可愛い。

そんなレアなポジションを誇る、自撮り&コスプレのプロです。

 

 

そんなうしじまさん、ネット上で「病気だったのでは?」という

ウワサが流れたことがありました。

 

病気とかデリケートなプライバシーだし

勝手に決めつけてはなりません。もしデタラメだったら失礼だし。

 

でも・・・気になる。どこからそんなハナシになったんでしょうか。

 

 

 

 

「うしじまいい肉」が病気と言われたワケ

 

 

それは、お薬の存在。

「うしじまいい肉」さん、2017年ごろネット上で

処方されたお薬の手帳内容を赤裸々にUPしてるんです。

 

 

その内容が

「クアゼパム錠20mg」「レメロン錠15mg」「ロフラゼプ酸エチル錠2mg」

「リスペリドンOD錠2mg」「サインバルタカプセル20mg」「エチゾラム錠1mg」

と、一度の処方にしては多種の抗不安薬(精神安定剤)

かなりの容量出されているんですね。

 

 

で、これについて「ファッションメンヘラ」とかなんとか

言われてたワケですが、ご本人のUPなのでお薬の服用はおそらくマチガイナシ。

 

 

ここにUPされた処方が事実であれば

この多くが”ベンゾジアゼピン系”という系統のお薬で

お薬の強さとしては、わりと強力なほうなのです。

 

 

でも、この”ベンゾジアゼピン系”のお薬って、

わりと簡単に処方されるものなんです。

たとえば、精神的なもの以外でも、術後の痛みとか不眠とか

ムズムズ足(レストレスレッグス)症候群なんかでも処方されることも。

 

 

とくに”ものすごく特別な処方”ってわけでもないものなんですが、

依存性はかなり強い部類なので、簡単に離脱できない場合もあります。

つまり、1回きりならともかく、長期常用は危険という認識(~2015年以降)。

 

 

ウワサになるくらいに認知度の高いお薬なので、

誰もがわりと知っていて、そのため「うしじまさん=病んでる」みたいな

ハナシになったんだと思います。

 

 

 

 

自分の中でも<おくすり=病み>の認識がある

 

 

ゴスロリファッションやメンタル弱めの人と、

お薬や病院との相性ってバツグンです。

 

 

想像では、”現実に即していきにくい=心を病みやすい=お薬”みたいな

構図があるんだと思うんです。コスプレとかもある意味現実逃避なので、

<逃避世界に籠りやすい人=精神安定剤>というイメージ。

 

 

あと、ふつうは薬を服用していることは

誰にも知られたくないものです(とくにワケありな薬は)。

 

ですが、

 

 

おおっぴらに薬の処方内容まで公開しちゃうってことは

フツウではないってコトになります。(しかも有名人)

 

でもうしじまさんは病んでたほうが”らしい”気がするし、

むしろ病んでてくれたほうが、見てる側も落ち着く感じです。

 

 

うしじまさんがもし夏の海や太陽が似合うヒマワリタイプなら

こんなに個性は打ち出せなかったでしょうし、

あの独特の空気も纏えなかったでしょうし。

 

”病むべくして病んでる”感がまた魅力なんだなぁと勝手に思ってます。

 

「うしじまいい肉」とは何なのか?私の気になるグラビアアイドル

病みすぎゴスロリホラー漫画★「スウィートビターガールズ」

【病みゴシック】基本ゴシックLOVERSはどこか病んでいる

毒かわいい・・・!イラストレーター妖(ヨウ)氏の絵が素敵★

 



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ