「KERA」&「ゴスロリバイブル」休止へ…悲しみの声続出

スポンサード リンク


「KERA」&「ゴスロリバイブル」休止へ…悲しみの声続出

「KERA(ケラ)」が休刊・・・。このニュースに愛読者はかなり

ショックを受けたようで、ネットには悲しみの声が溢れています。

ただし、KERAはネットでデジタルマガジンとして継続の意向ですが、

「ゴシック&ロリータバイブル」のほうは、完全に休止になってしまうとのこと・・・。

ちょっと他に見ないような独自テイストの雑誌だっただけに、

このお知らせはショッキングでした。いきなりでしたしね。。。

【愛読者の悲痛な叫び】

「ゴシック&ロリータバイブル」には、

私のような”隠れ愛読者”がけっこう存在しています。

コスプレするワケじゃなくても、読むだけでその世界に浸れる雑誌。

もちろん、宅コスしている人たちのバイブルでもあったわけで、

この突然の悲報に動揺を隠しきれない人が多く見受けられました。

ファッション雑誌はたくさん世に出てますが、この毛色の雑誌は

ちょっとほかになかったんですよね。

なので、「これからどうすればいいの?」というファンの悲痛な叫びが・・・。

自分が着なくてもゴスロリに興味があるだけの人、写真集や童話のように

繰り返し趣味として眺めるだけの人、絵の参考にする人など、

多くの読者さんが今、衝撃を受けている筈です。もれなく私も。

【夢の世界へいざなってくれる一冊でした。感謝】

出典 http://j-intl.co.jp/mook/index.html

「KERA」は原宿系で、きゃりーちゃんが表紙を飾るなど

かなり原色系で現実離れしたファッションが多かった気がします。

私はどっちかというとゴスロリバイブル推しだった者ですが、

「KERA BOKU(ケラ ボク)」という男装女子マガジンが

気になっていつつも、買わずに終わってしまいました。というのも、

コアな世界ゆえに、足を踏み入れると戻れなくなりそうな濃さだったから。

男装といっても宝塚のようなのではなく、

ボーイズテイストに身を包む女子の特集雑誌的な位置付けでした。

今では上のような雑誌(「ギャルソン・ガールズ」)が刊行されていて、

KERABOKUの後を継ぐようなカタチになっています。

(剛力ちゃんの男装特集もアリ)

ゴスロリ系ファッションに憧れつつも、ボーイッシュしか似合わない自分は

コッチに行くべきなのか・・・と悩んでいるうちに、

こんな結果(休刊)を迎えてしまい残念無念。

ゴスロリバイブルも、KERAデジタルのほうで触れてくれたら

1ファンとしては嬉しい限りです(ムリかな★)。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ