読むと精神に異常をきたす本『ドグラマグラ』もう読んだ?

スポンサード リンク


読むと精神に異常をきたす本『ドグラマグラ』もう読んだ?dm1

【日本三大奇書のひとつ・夢野久作の「ドグラ・マグラ」】

「…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。」

という印象的な擬音から始まる「ドグラ・マグラ」。

日本三大奇書(※諸説あり)の一冊とされ、読むと精神に異常をきたすと言われる

興味深い本です。こういう本は読んだことがないんですが、人にオススメされて購入。

で、読み終えて5年くらい経過しましたが、さて私は気が狂っているのかどうか笑。

”気が狂う”というのは自分自身では分からないものなので、

この本が私の脳髄にどれほど影響を与えたのか、確認しようもありませんが、

頭のネジ1本分くらいは狂わされたかもしれませんね笑☆

kisyoで、本にはこんなオビが(笑)。

こんなに煽られたらワクワクしちゃいませんか?

「気が狂うのかどうか、自分で実験してみようじゃないか」と意気込みたくなる。

そして、この妖しいゴシックな表紙絵、気になりますよね。

米倉 斉加年(よねくら まさかね)さんという画家&俳優さんによるもので、

なんとも淫猥な雰囲気が漂ってます。

私、この気が狂う本を買ったとき、年配の女性に「ぜひ読んでみたい」と言われたんですが、

この表紙のために、お貸しするのをためらってました。

すると結局、女性のほうから借りるのを辞退。

「読んで気が狂ったら困るから、やっぱり止すわ」とのことでした。

今は電子書籍でも買えますし、なんと青空文庫(著作権切れの無料図書HP)でも

読むことができます。⇒【青空文庫】(http://www.aozora.gr.jp/)

【けっきょくドグラマグラって何なのか?気が狂うのか?】

dm2まず気になるタイトル「ドグラ・マグラ」ですが、

これは九州地方の方言であり、

「堂廻目眩(どうめぐり・めくらみ)」「戸惑面喰(とまどい・めんくらい)」

訛ったものである、とされています。意味は諸説ありますが、

<トグロを巻くようにごちゃごちゃに絡み合った>という感じが近いかも?

(ドグラマグラの語感も「トグロを巻く」に似てますね)

また<トリック・手品>という意味もあるそうです。

実際に本の中身もそんな感じで複雑怪奇すぎる。

明治・大正ロマンを思わせる作風で、和ゴス要素が多々あります。

大雑把なあらすじは、

記憶喪失の青年・呉一郎が、記憶喪失の間に執筆したと思われる

「ドグラ・マグラ」という小説や資料などをもとに、

過去の記憶について考察する、というもの。

つまり、この「ドグラマグラ」の本の中に、

もう1冊「ドグラマグラ」という本が登場するわけです。

この2冊が同一であるかどうか、というあたりで物語がややこしくなります。

呉一郎の記憶を取り戻す手引きをする人物が「正木博士」なんですが、

この博士が読者&呉一郎を会話で翻弄してくるんですね。

思わせぶりな会話で呉一郎の記憶を取り戻そうとしますが、

呉一郎は余計に混乱に陥っていく・・・。

文章は古風で固い感じというか、時代を感じさせます。

擬音が独特だし、ところどころカタカナになっていて、ストーリーにも惑わされ、

読み進めていくうちに奇妙な気分になっていきます。

この<奇妙な気分=気が狂う>ということなのかなぁ?そして、

ハッキリした結末というものがありません。

無限ループみたいなストーリーなので、たしかに感想は

「翻弄され続けて、一体なんだったんだろうこの本は」となります。

で、いろいろ細部を解明したくなるんだけど、考えても答えが出ない(笑)。

私は5年前に読んだ直後は、「結末はこうなんじゃないかな?」という手ごたえがあった。

なのに今は結末どころか、すでにストーリーそのものをぼんやりとしか思い出せない。

本にだまされ、手のひらで転がされた感覚だけが残るんです。

なんとも不思議な読後感。戸惑います。

まだ読んでおられない方はぜひ^^同じ感覚を味わって頂きたいです。

でも、この本を読んだ誰とも、感想を言い合えないのがもどかしい。

この本の奇妙さ・面白さはそこでもあります。

オススメしてくれた人から、「読んだ?面白かったでしょ」と言われたんですが、

「うん、すっごく面白かった、でも・・・」と感想に詰まりました。

ワクワクしつつ読めるんだけど、感想に至らない(笑)。

夢野久作(ゆめのきゅうさく)という作者の方(2014年に亡くなられました)は、

奇をてらった物語だけでなく、国語の教科書に載るようなお話も書いておられます。

「大人になれなかった弟たちに・・・。」という、

涙なくして語れないお話の作者さんでもあります。多才な方ですね。

そんな多才な夢野久作さんの渾身の奇書「ドグラ・マグラ」。

自身の気を狂わせてみたい方はぜひ( ´艸`)



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

One Response to “読むと精神に異常をきたす本『ドグラマグラ』もう読んだ?”

  1. […] 読むと精神に異常をきたす本『ドグラマグラ』もう読んだ? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ