映画「アンダーワールド」がまんまスカイリムで衝撃・・・(笑)

スポンサード リンク


映画「アンダーワールド」がまんまスカイリムで衝撃・・・(笑)

続きもの映画「UNDER WORLD(アンダーワールド)」を視聴中です。

2017年9月現在で、全部で5本の連作となっています。

連番が振られていないので、どれから観ていいのやら・・・と最初は混乱。

公開年の順でいくと、

(1)『アンダーワールド』(2003年)

(2)『アンダーワールド: エボリューション』(2006年)

(3)『アンダーワールド ビギンズ』(2009年)

(4)『アンダーワールド 覚醒』(2012年)

(5)『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』(2017年)

で間違いないでしょう。

この映画、2012年に発売されたゲーム「Skyrim(スカイリム)」

世界観がソックリです。

「スカイリムはこの映画を参考にキャラ作成したのかな?」

というくらいに激似。スカイリムの雰囲気が大好きな方には超絶オススメ。

◆アンダーワールドのざくっとしたあらすじ◆

命尽きることのない吸血鬼(ヴァンパイア)vs狼人間(ライカン)が、

延々と時代を超えて戦い続ける物語。ちっとも両者、歩み寄る気配ナシ。

長年、吸血鬼サイドは狼人間サイドを支配し、虐げてきたが、

吸血鬼のとある女性が禁忌を犯し、狼人間と恋仲になって子を身ごもるところから

ストーリーが激変。

吸血鬼と狼人間のハイブリッドが生まれ、圧倒的な力の差ができたりもします。

観始めの頃は敵・味方関係が複雑で、ストーリーが理解不能になりかけますが、

回を追うごとに人間関係が飲み込めるようになっていきます。

時代は古代⇒現代に移り、武器もどんどん進化していく・・・。

終わりの見えない闘い。

◆アンダーワールドの見どころ◆

主演の「セリーン」というヴァンパイアを演じるのが、

美貌の女優、「ケイトベッキンセイル」さん(イギリス)。

二丁拳銃スタイルといえばバイオハザードのミラジョボビッチですが、

この方はもっと線が細く、冷徹な役柄となっています。

映画全編を通して、かなり中二病な感じが漂います(だがそこがイイ)。

二丁でバンバン撃ちまくるのに、弾切れしない設定。ツッコミドコロ満載です。

映像に気合が入りすぎてて、クリーチャーの変身シーンはゾワゾワします。

正直、ゲームの「スカイリム」とキャラが丸かぶり。

スカイリムの吸血鬼の王とかヴォルキハル城とか狼男とか、

「まるっきりスカイリムじゃん!」とかツッコミながら観るのが楽しいです。

遠景とか寒そうな大地とか衣装とかドラゴンとか、すべてがスカイリム感。

「スカイリムを映画にした」系ですが、制作年を見ると

明らかにスカイリムのほうが後なんですよね。(参考にしまくったのかな・・・?)



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ