映画「ドラキュラ」観た感想~「私、ドラキュラ知識間違ってた」

スポンサード リンク


映画「ドラキュラ」観た感想~「私、ドラキュラ知識間違ってた」dracula

【ドラキュラって吸血鬼の血族だと長年思い込んでた】

ドラキュラ伯爵。アニメなんかでそのキャラクターが一人歩きして、

真実の姿は意外に知らなかったりしませんか?

私もなんとなくドラキュラ伯爵って、脈々と続く血族がいて、

その子孫がこっそり人間界に溶け込んで、美女の血を吸ってるイメージだったんですよ。

ひっそりと生きてて、人々から忌み嫌われてて・・・みたいな印象。

でも、ドラキュラ伯爵って、

もともと戦争で無敗の残虐な王様だったんですね。

ぜんぜん知らなかった。戦争で殺した敵を槍で串刺しにして地面に突き立てたことから

悪魔の王様みたいな呼ばれ方で恐れられていたんだそう。

権力者だったとは知りませんでしたよ。表舞台に出てた人物だとは思いもよらず。

私の想像していた女好き&ジェントルなイメージではなく、

もともとは横暴ながらも1人の女性を深く愛する繊細な王様だったのです。

で、この映画でドラキュラを演じるのが、かの「ゲイリー・オールドマン」、

そして王妃の役は「ウィノナ・ライダー」。←めちゃくちゃ懐かしい!

ウィノナライダー、めちゃくちゃ美しいですね。

さいきん映画で見かけなくなりましたが、ほんとに麗しい。目の保養級です。

この映画「ドラキュラ」は、ブラム・ストーカーという作家さんの原作を下敷きに、

あのソフィア・コッポラ監督が製作したもの。

ソフィア・コッポラ監督といえば、ハチャメチャな映画「パルプ・フィクション」ですが、

「こんな映画も撮ってたんだ・・・!」ってその多才っぷりにビックリ。

映画のタイプが真逆なもので、最初は信じられませんでした。

【ドラキュラ伯爵っていろんなイメージが後付けされている】

dracula-image青白い端正な顔立ち、高身長、痩せ型、長いマントにシルクハット。

美女の血を好み、苦手なものはニンニク、十字架、銀・・・。

そんなイメージが定着しているドラキュラ伯爵。

ドラキュラ伯爵をモチーフにした芸術作品っていっぱい作られてて、

それぞれに印象が違います。

でも、このソフィア・コッポラ監督の映画を観て、イメージが180度変わってしまった。

なんだか可哀想です、ドラキュラって。

最愛の王妃の死に耐えられず、悪魔に永遠の命を授けられてしまったのです。

そんな設定があったとは知りもしませんでした。

ドラキュラって血も涙もなさそうな感じなんですが、

じつは誰よりも情が深く、それゆえに愛する妻を失った悲しみは計り知れず、

天を恨み、現代に妻の生まれ変わりを捜すようになってしまったんですね。

もう魔力を手にしたドラキュラ伯爵は、冷血漢みたいになっちゃうんですけど、

それ以前、人間であったころは、残虐さはあったにしろ、

ちゃんと愛情を持った真人間だったんですね。

1992年の映画ですが、衣装や芸術が素晴らしく、それだけで見蕩れてしまいました。

まったく古さを感じさせない、ゴシックな麗しの映画。

ホラーというよりも、男女の愛を描いているような気がしました。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ