ダークゴシックゲーム愛が止まらない(吸血鬼ゲームetc.)

スポンサード リンク


ダークゴシックゲーム愛が止まらない(吸血鬼ゲームetc.)

家電量販店を訪れたときに置いてあったフリーペーパー。

「ダクソⅢが出る・・・!」と衝撃を受け、思わず冊子を手に取る私。

なんとあの「DARK SOULSⅢ」が、2017年4月20日発売だそうです。

身内がハマっており、ときどきプレイ画面を眺めてますが、

なんとも暗い。鬱入りそうなほどにダークなんですね。

主人公はゲーム開始前にすでに死者となっていて、魂の復活から始まるんだけど

まるで「火垂るの墓」です。

サントラや地図ポスターまでついてるパッケージ版。これは豪華。

こういうパンフ眺めてると、ダークファンタジー系ゴスゲームを

再びやり込みたい衝動にかられます。でも廃人になっちゃうので要注意★

【ロングセラーなお耽美系吸血鬼ゲーム】

『悪魔城ドラキュラ』というKONAMIさんのシリーズもののゲームがあります。

セガサターン(懐かしい)から始まり、今はさまざまな媒体に広まっている。

世界観などがとっても私好みです。逆に、最先端の高画質よりも、

個人的にはドット絵のようなセガサターン画質が好き。ガビガビなのがかえってイイ。

まるでベルバラのよう・・・!

大理石の床や壁、煉瓦づくりの古城、パルテノン神殿のような円柱。

どれもこれも素敵です。そして登場人物がまた麗しい系。オスカルさながらです。

このスペック画面の懐かしさ・・・!初期のパソコン画面みたい。

画質の粗さが味わい深い。絵柄がちょっぴり古いのも素敵。

BGMとかも素敵なんです。ちょっと暗めで。声優さんのボイスも低音でイイ。

ただ、やっぱりアレですね。吸血鬼というのはセクシーで美しい存在であって欲しい。

この『悪魔城ドラキュラ』のように、登場人物はお耽美でなくちゃならない。

人智を超える者として、一般の人間の男性よりももっと麗しくあって欲しいのです。

【しかし美しくない吸血鬼ゲームもある⇒スカイリム】

「スカイリム」というゲーム内の吸血鬼は、正直ちょっとヤバイです。

この土色の異形の者・・・!麗しさゼロです。

スカイリムでは、自分自身がこの吸血鬼に変身することもできるのですが、

「なぜこんなキャラデザになってしまったの・・・?」と問い詰めたくなる。

やっぱり吸血鬼の男性は、素敵なマント&ゴス衣装に身を包み、

長髪で端正な外貌であって欲しい。そう思うのって私だけでしょうか。

スカイリムでせっかくプレイヤーのデザインを見目麗しく仕立て上げても、

吸血鬼変身後の姿が完全にバケモノなんて悲しすぎます。

PCプレイでは”吸血鬼MOD”もあるので変更可能ですが、

プレステ版だと、土色のバケモノとして生きなくてはならない。辛すぎるので、

私は吸血鬼プレイを避けました。無念。

そうそう、「吸血鬼(バンパイア)ハンターD」という作品があります。

主人公は吸血鬼を狩る者ですが、同時に自身も吸血鬼体質です。

私のイメージでは、吸血鬼=クールでニヒルで・・・みたいな。

しかし、

こんな吸血鬼姿では、私、ヤルキが出ません。ちょっとロマンティック不足。

スカイリムをこよなく愛する私ですが、ここだけはどうしてもいただけなかった。

もし将来改良版が出たなら、真っ先にこの吸血鬼をリデザインして欲しい。

そんな愚にもつかぬ願望に思いを馳せる私。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ