血のように赤い?2018皆既月食『スーパーブルーブラッドムーン』

血のように赤い?2018皆既月食『スーパーブルーブラッドムーン』

皆既月食。なんかもう、この言葉だけで神秘すぎます。

2018年1月31日PM08:48、左下から徐々に黒に浸食される満月。

「月が食われる」・・・すごくゴシックな響きです。

これ、今でこそ仕組みが分かってますけど、分かんなかったらほんと恐怖だろうなぁ。

昔の人はこれを魔の仕業だと怖れていたそうですね。分かる気がする。

日食は光が完全に途絶えるから余計怖いかもしれませんね。気温も一時的に下がるし。

(映画「アポカリプト」を思い出す私)

月食はただただ怖い感じ。さっきまで真ん丸に輝いてたものが、欠けていくんです。

精神を不安にさせる何かがありますよね。漫画や映画でもこの現象は演出に用いられます。

そもそも月自体が、ちょっと不思議で神秘の対象ですよね。

あのクレーターのマダラ模様も見ようによっては不気味だし、

百鬼夜行とか狼男とか、魔物のイメージが強い。満月はエネルギーに満ちた感じですが

それを真っ暗に覆ってしまう月食は、逆にエネルギーを吸い取られそうです。

今回の皆既月食は3年ぶり、継続状態は1時間17分だそう。

皆既食だと、月が赤銅色に・・・!

皆既月食となった月は、毎度見るたびに色が違うそうです。

今回は赤黒い”赤銅色”と呼ばれる色で、血のような色になったんだとか。

赤く染まる月・・・。中二病が日本の各所で発症しそうな予感です。

しかも名前は『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』。

満月はもともと「ブルームーン」と呼ばれ、さらに地球に接近する

大きく見える月は「スーパームーン」。加えて今回は赤銅の皆既月食のため

『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』と呼ばれたのだそう。

でも知人から送られてきた月食ショット。ふつうにいつも通りの色です。

左下が欠け始めた頃。しかしこの日の気温は凍死するイキオイだったため、

窓の傍に寄りたくなかった。窓を開けるのすらためらわれましたが・・・

私も僅かに窓のサッシを開けて、月を拝みました。たしかに欠けてます。

この日は快晴、くっきりとお月さまの輪郭が浮かんでました。

寒いので1分も経たずに窓を閉める私。望遠鏡でもあればいいですが、

スマホだと拡大してもたかが知れてます。いちおう東南の空とおくを眺めて満足。

月の科学が知れてしまっている今、昔よりは浪漫が少ないですが、

やっぱりお月様は神秘というか、謎めいた天体だよなぁ・・・と思う私です。

ゴシックシルエットな木を発見★死神とか傍に立ってそう

『ロシナンテは転倒した』ゴシック彫像(漫画ワンピースじゃない方)

霧のロンドンのゴシックさがスゴイ!すべてが影絵のような世界

 



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ