ゴスロリリカちゃんパリへ!「Licca ~ Symbol of Kawaii」

スポンサード リンク


ゴスロリリカちゃんパリへ!「Licca ~ Symbol of Kawaii」

出典 http://www.toyculture.org/liccaparis/

リカちゃんが50周年を迎えました!

というわけで、

リカちゃんは2016年末、フランス・パリへ出張。

日本の「Kawaii」文化を広めに旅立っていたのです。

どこへ出しても恥ずかしくない、というより

そこらの女性よりもよっぽどレディな小5のリカちゃん(ハイスペック)。

私などヨユウで負けています。勝負にもならない。

テーブルマナーなんかもカンペキなんですよね。

そうそう、フランスではロリータファッションが好まれる傾向で、

リカちゃんはフランスの土壌によく馴染む。

さらに、リカちゃんのパパ(音楽家)はフランス人ですから、

フランスは”パパの故郷”ということで、もともと繋がりが深いです。

つまり、リカちゃんは日仏ハーフなのです。

何もかもが凄すぎて超越してるリカちゃんは、我らの憧れ。

そういえばこないだ、リカちゃん本が出ていてチラ読みしてみたら、

リカちゃんは2人存在するそうで、一人は皆さんご存知の小5リカちゃん、

もう一人は”大人リカちゃん”で、既婚&一児の母&事業家という、

これまたハイスペな顔を持った女性なんですね。知らなかった。

年を重ねても、リカちゃんはリカちゃんってコトなんでしょう笑。

【写真のリカちゃんのゴス服はh.NAOTO】

「h.NAOTO (エイチ・ナオト)」といえばゴス服やパンク服、

ロリータ服でおなじみの日本ブランド。

上の日仏親睦を深めたリカちゃん人形の着ているお洋服は

このh.NAOTOのゴスロリ服なのです。モノクロで可愛い。

h.NAOTOといえば、私の中ではこういうお洋服です。

主に黒系で変形カットソーが得意なイメージ。

中古品でもなかなかのお値段がつくくらい、コアファン多し。

すごいところにジッパーがついてたり、ドレープがついてたり、

普段着にはちょっと難易度高めですが、着てみたいものがたくさん。

公式オンラインショップとか見てると小一時間経ってます。

自分が着られなくても、デザインが面白くて見入ってしまう。

リカちゃんは永遠にスリムなスーパーBODYなので、

さらりとh.NAOTOを着こなせてうらやましい限り★

人間には着られるお洋服のデザインに年齢制限がありますから、

着られるうちに着たい服を着るべき。心からそう思います。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ