我が家の球体関節人形。麗しのお耽美ゴシックドレス&メイク

我が家の球体関節人形。麗しのお耽美ゴシックドレス&メイクCIMG9264

【我が家の球体関節人形。ギターケースに入ってます】

立てられたギターケースに、立った状態で入っている我が家の「スーパードルフィー(SD)」球体関節人形。レアものです。

お人形を楽器ケースにしまうのは、基本中の基本です。内側がフワフワしてますので。

CIMG9263ふだんはこの中に収められてます。

CIMG9279上マツゲが黒、下マツゲが白(オプション)。マツゲの長さもオプション。短くもできます。

黒髪はウィッグ。全体的にポジパン(ゴシックロック)仕様。メイクやファッションもすべてゴスロリ系でまとめてあります。

サイズは実際の人間の1/3。ホコリや汚れ、キズ対策で、お部屋に飾るのはちょっと難しいかも?日焼けも怖いし。

湿度対策なんかも必須です。やっぱりカビがいちばん怖いんだけど、日光もNGなので、たまに楽器ケースを開放して、外の空気を取り入れて乾燥させます。

CIMG9274全身メンテナンス&クリーニング2回してあります。球体関節人形は、本体はもちろんかなりお値段しますが、お洋服のほうもけっこうかかる。

本体は安く買って10万以上、お洋服もオプションなど含めて10万以上かかってるので、総額20万以上かかってるっぽい。

CIMG9276どこから写真を撮っても、目がこちらを向くようになってます。眼球がものすごく丸いので、黒目(瞳孔?真ん中の黒い点)が、どういう角度から見てもこちらを見てます。

上下左右に動かしても、ずっと目が合うんです(笑)。青い目もオプション品。いろんな色があって楽しい。

CIMG9265常にカメラ目線をおこたらないドールさん。女王のようなスタンドカラーがエレガントです。

CIMG9280口紅のカラーも黒×赤のゴシック仕様。何度か塗り重ねされてます(たぶん2~3回)。

CIMG9268お洋服は黒レースをふんだんにあしらったシルク素材。胸元は編み上げレース。人間の服よりもかなり高額。やっぱりサイズが小さいだけに、作るのが手間かかるみたいです。

CIMG9269オテテはすごいフリル袖で覆われてます。

CIMG9273足元。網タイツの破れるのをふせぐために、脚の上のほうはたるませて保存。

ほんと、この足元みてると、「ローゼンメイデン」の真紅ちゃんの靴みたい。先が丸いフォルムはお約束♪ロリータでかわゆい。

ただ、ローゼンメイデンのドールたちは「ビスクドール」で、こちらは「球体関節人形」なので、ジャンルはまた別モノになります。ボディサイズや体型もまったくの別もの。

お洋服の下にはちゃんとレース下着をつけてます。裸にこの服を着せててもいいんだけど、やっぱり見えないところもオシャレにってことで。こっそりとパニエもつけていて、スカートがキレイに広がります。

【球体関節人形の人気作家さんは大変!眼球ひとつ作るのも一苦労】

CIMG9272球体関節人形はいろんな有名作家さんがいらっしゃいます。1からすべて手作りされる方も多いので、寝食を忘れるイキオイで制作しないと間に合わなさそうです。

機械で量産されるドールもたくさんありますが、やっぱり作家さんの個性や、1体ずつの表情などは、手彫りでなきゃ味わいが出ないものも。

球体関節人形といえば、『吉田式』が元祖。吉田良(よしだ・りょう)先生は日本の球体関節人形の草分け的存在です。

恋月姫という作家さんも有名です。ちょっとを思わせるような美貌の人形揃い。青白い肌が美しいです。かなりキリッとしたオトナ顔のドールメイン。

k関節人形はほぼすべての関節が動くので、ポージングも自由自在。自作する方も多いです。

細やかな作業が得意なら、自作人形を趣味にするのもいいかも?材料はすべて通販でそろいます。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ