アネモネというゴスで優美なお花の花言葉が怖かった(笑)

アネモネというゴスで優美なお花の花言葉が怖かった(笑)kakudai

【美しい優美なアネモネ。でも花言葉が怖い(笑)】

カメラの腕前はアレですが、写真を撮るのは楽しいです。

カメラも1万円の安物だけど、お花とか風景とか撮るのが大好きです。

お花ってドレスみたいだなぁといつも観てて思います。

幾重にも重なった花弁、フリルみたいな花びらまわり。

花は女性に例えられることが多い。

ほんと、SMAPじゃないけど、道端の花もキレイです。

ただ、このアネモネという花は、さすがに道端に咲いていない。

植物園みたいなところで撮影してきたものです。

どこかゴシックで禍々しい美しさを感じさせるこのアネモネ、

ギリシャ神話では美少年が流した血から咲いた花ということで、

なるほど、そんな気もしてきます。ちょっと毒々しいんですよね。

3176369038

で、私は花言葉とか詳しくないんだけど、ちょっと気になって調べてみたところ

『嫉妬の為の無実の犠牲』『はかない夢』『薄れゆく希望』『はかない恋』『真実』『君を愛す』

という怖いモノが混じっていました(笑)。うん、なんか分かる気がする。

花はどれもキレイだけど、さわやかなものばかりでなく、

ちょっと恐ろしさを感じるお花もあります。

なんていうか、色気のあるお花なんですよね。女っぽい”うねり”があるカタチなので、

嫉妬深そうなお花ではあります。なんとなくだけど。

【アネモネはどこか詩的。ロマンを感じるお花】

3176369039こういう大輪の花はあでやかで豪華でステキです。

まっすぐな茎の天辺に大きな一輪のお花が咲くタイプって、

重厚感があってステキですよね。葉っぱが控えめなのも◎です。

このタイプは花びらが幾重にも重なっているタイプ。とっても大胆な形状です。

風に吹かれる様を見ていると、詩的なお花のような気がしてくる。

「秘すれば花なり」というコトバがしっくり来ます。

ヒミツめいているんだけど、何も語らない花。魅力的です。

3176369059隣にラナンキュラスの赤いお花も咲いてました。

こちらもキンポウゲ科で、アネモネとちょっと似てますね。

ちなみに花言葉はというと、

『とても魅力的』『光輝を放つ』『輝かしい魅力』『純潔』『魅力溢れる』『優しい心遣い』『名声』『名誉』『晴れやかな魅力』

という前向きでさわやかなものばかり。

たしかにアネモネより健全で可憐な印象です。

同属種でもこれだけ花言葉のイメージが変わるんですね。お花って奥深い。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ