和ゴス&ドーリーに憧れて。ぱっつん前髪×黒髪の黒歴史【痛】

和ゴス&ドーリーに憧れて。ぱっつん前髪×黒髪の黒歴史【痛】

◆栗山千秋さんのぱっつん前髪の似合い方はスゴイ◆

WS000001

【和ゴス&ドーリーに憧れて。ぱっつん前髪×黒髪】

今は写真すら残ってないんだけど、数年前、ものすごい狙った風な≪ぱっつん前髪≫にしてたことがあります。

耳のスレスレまでの広さに、真横一文字にパッツン。もちろんセルフカットで。

で、「黒髪戻し」で真っ黒に髪色を戻したんです。日本人形のように。

もうね、大 不 評 。

わずかな一部に好評だったような気もするけど、きっとあたしに気を遣ってくれてたんだろうな。

親にも、もうボロカスに言われましたよ。「似合わない、怖い、日本人形みたいで不気味、髪が重い」etc.

WS000000(上)こんな風にイメージしてたのが間違ってたんです。分かってます。己を知れ、恥を知れってハナシです。

まず顔立ちやスタイル、月と「すっぽんのいる泥」くらいにレベルが何もかも違うんだから、身の程をわきまえるべきでした。

でもね、やってみたかった。黒髪ぱっつん。

茶髪に染めるのがしんどくなってきた、っていうのもあって。

いつか将来は白髪染めとかしなきゃなんないし、もうしんどいな・・・いい加減。

と思って、「黒髪に戻したらどんなにラクか」って思ったんですよ。

yu-kosan2※参考イメージ画像※

日本人に生まれたなら、やっぱりアジアンビューティー。

アジエンスのシャンプーみたいに、サラッサラのストレートロング×黒髪=最強なんじゃないか?と思っちゃったワケです。

これが大きな勘違いだった。

【キッカケ:山口小夜子さんの和ゴスなぱっつん前髪ショット】

山口小夜子さんの写真集が手元にあるんですが、下はスキャンした頂きものです。

sayoko1※拡大してご覧ください。小さい画像では畏れ多いレベル※

もう幽玄の世界ですよ。白い肌、赤い唇、漆黒のパッツン前髪。

これぞ日本女性の美しさではありませんか。でもこの方、世界のトップクラスモデルさんですからね。おいそれと一般ぴーぽーな私なぞが目指してはいけない領域だったのです。

なのに、果敢&無謀にも目指してしまったオバカがここにいるんですよ。

もう痛いったらない(笑)。

sayoko2こんな年齢になって黒歴史を作ってしまった私ですが、そのくらい山口小夜子さんの美しさにハマってしまったというワケなんです。

これほど個性的な黒髪×ぱっつん前髪をトライするには、類まれなる美貌が必須条件だと思うんです。

あ、もちろん周りに似合ってる女性はいっぱいいるんです。でもこういう完全にゴシックな雰囲気のぱっつん黒髪を実践してる人はいないんですね。

茶髪のぱっつん前髪は、けっこう幅広く似合う髪型だと思います。ボブでもショートでも、前髪ぱっつんでかわいい方はいっぱいいる。芸能人でもいっぱいいらっしゃいますよね。

hukakyon深キョン。ずっと変わらず可愛くて大好き♪ぱっつんは和ゴスだけでなくドーリーにも通じる。

下妻物語のときの深キョンも金髪ぱっつんだったけど、めちゃくちゃ可愛かったですし。やっぱりぱっつん前髪、憧れは憧れなんです。似合うかどうかは置いといて。

でも、山口佐代子さんみたいに、座敷牢が似合うような囚われの姫みたいな(※実際にそういう設定で撮られた写真だそうです)黒髪ぱっつんは、相当高度なヘアスタイルだって分かったんです。

selfcutだから、私すぐに黒髪をいつもの明るさに染め直し、ぱっつん前髪は梳(す)いて、今でいうシースルーバング(=透け前髪)に戻すしかなかったんですよ。もういたたまれなくて(笑)。

kuriyama-sanやっぱり千明様くらいのメヂカラ&美貌がないと、和ゴス黒髪は難しいと悟ったので、もう私、無謀なことはやめます。

いや、あと1回くらい、一生のうちにやらかすかもしれないけど(懲りてない)。

栗山千明さまって、次世代の山口小夜子さんポジションかな?って思ってます。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ