ゴシックな伝統行事『ヴァルプルギスの夜』がいろいろとナゾすぎる!

ゴシックな伝統行事『ヴァルプルギスの夜』がいろいろとナゾすぎる!

w1出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

【「ヴァルプルギスの夜」という欧州地方のゴシックな伝統行事】

4/30~5/1に行われる、ヨーッロッパや北欧で行われている行事、

「ヴァルプルギスの夜」。

私、「ヴァルプルギスの夜」について詳しく知らなかったんですが、

いちおうゴシックアニメの部類に入る(?)、

『魔法少女まどか☆マギカ』に出てきたので、改めて調べてみることに。

(※「まどマギ」では最強魔女の襲来デーとの設定)

w2出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

『ヴァルプルギスの夜』は古代ケルトやキリスト教発祥の行事とされています。

4/30~5/1の間が寒期と暖期の移り変わる時、ということで、

おもに春の到来を祝う”かがり火”を焚く風習となっています。

ちなみに、『ヴァルプルギス』の語源は、

イングランド生まれの女性聖人「聖ワルプルガ」という人の名によるもの。

ですが、各地方や宗教によって言い伝えや祝い方が異なるので、

『ヴァルプルギスの夜』の由来が、国の数だけ数多くあります。

どれが大元のストーリーなのか、よく分かりません。

ただ、どの国や地方でも、春の到来を祝うための祭であることは間違いなさそうです。

【ヴァルプルギスの夜には、魔女が酒宴を開いていた?】

majyo「ヴァルプルギスの夜」は、悪魔崇拝の日でもあるといわれています。

なぜなら、4/30~5/1の夜には魔女が宴を開き、

春の到来を祝ったとされえるからです。

この魔女の宴は「サバト(Sabbath、Sabbat) 」と呼ばれ、

ヨーロッパで「悪魔崇拝の集会」として信じられていたもの。カルト寄りですね。

これに参加したものは告発され、裁判にかけられていたそうです。

(ただこれも信ぴょう性にかけるので、事実がどうかはよく分からない)

でも、魔女裁判や魔女狩りといった言葉は、ヨーロッパでは伝統的ですよね。

春を迎えるお祭りのはずが、なぜか魔女が宴を開いたことになっている『ヴァルプルギス』。

日本では見かけない、興味深い伝説のお祭りです。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ