私の理想とするゴシックハウスはこんな感じ(超妄想編)

スポンサード リンク


私の理想とするゴシックハウスはこんな感じ(超妄想編)img_0790

【天井近くまでの縦長窓から注ぐ朝日で目が覚める】

レースのかかった天蓋付ベッドで目覚める私。

遠くで朝食のためのお抱えオーケストラ団の生演奏が聴こえる。

私が朝食のためのテープルにつくずっと前から、演奏は始まっている。

私は物憂げに、純金の目覚まし時計を手に取る。

寝ぼけているので、ゴトリと誤って床に落とす。

「お目覚めですか」

お付きのメイドが音に驚いて、縦長のドアからおずおずと顔を覗かせる。

「ありがとう、今呼び鈴を鳴らそうと思っていたの」

高級シルク150%のガウンを羽織り、私はクラシックの鳴るほうへ向かう。

img_0796

朝日が目に差し込み、私は「日除け布が欲しい」と思った。

我が家の窓はどれもこれも縦に長い。カーテンを取り付ける仕様ではない。

「仕方ないわね」

朝日には弱い。夜型生活の私にとって朝日は刺激が強すぎる。

img_0774

私が着席すると、ファンファーレが鳴り響いた。

img_0817

寝起きの悪い私は、ファンファーレの音も苦手だけど

この屋敷の長年の伝統なのだから致し方ない。

「おはようございます。よくお眠りになられたでしょうか」

執事が傍に立ち、一礼した。

「ええ、爺や。寝ぼけて金時計を落としてしまったけれど」

「あれは高精度の純金でございます、びくともいたしませんよ」

「ええ・・・そうだったわね」

まるで目覚めない頭。脳内に靄でもかかったようだ。

(そういえば、あの純金時計は、おばあさまの形見・・・)

おじいさまから生誕祭で贈られたという、時価3億ほどの品。

文字盤は珍種の貝、そして純度の高いダイヤモンドが周囲をぐるりと囲む。

(おばあさまったら、愛されてたのね・・・)

一瞬頬を緩ませてから、私は少し遅めの朝食を取ることにした。

【洋館の主の私の朝食(妄想率1200%)】

ファンファーレが鳴りやみ、真摯な祈りを捧げた後、

クラシックの生演奏が始まる。

「ところで・・・今日のメニューは何かしら?」

「本日は、豚足でございます」

「朝から豚足・・・ゴシックでいいわね」

「大〇漢方胃腸薬をご用意しましょうか」

「・・・っ!私はまだそんな年じゃないわ!」カシャーン。

img_0809

私は執事を振り返り様に、ガウンの膨らんだ袖を引っ掛け、

豚足用ナイフを床に落とす。メイドが動揺する。

「・・・失礼いたしました、ご無礼を」

「・・・私も取り乱したわ」

止まりかけたクラシックの演奏が、再び律儀な調べを耳に届ける。

高級生花店から、早朝に毎日届けられる大輪の花たち。

それを見て、私は心を落ち着かせる。

私はどこか苛立っていた。それというのも、

隣国の王子の見合いのXデーが迫ってきているためだった。

(私は政略結婚などしたくはないのに・・・)

この屋敷の地下にはルパンにだって破れない財物宝庫がある。

(そんな宝石なんかのために、私は身売りされるようなもの)

くだらない・・・あんなのただの石ころじゃないの。

なのに、お年頃だからといって、訳もわからず嫁がされるなんて。

(私はまだ、朝からの豚足だって余裕で消化できるくらい若いのよ)

そんな苛立ちが、執事の気遣いへの過剰反応として表れていた。

今日は私の嫁ぐ予定の隣国へ、見物に出かけることになっていた。

 

img_0772

「馬車を下に待たせてありますので」

「分かっているわ・・・」

気のない返事しか出てこない。

先刻から豚足の一片が歯の隙間に挟まり、どうにも不快な気持ちであった。

(歯の隙間が増えた・・・私もトシということかしら)

と気づいたけれど、召し変えのドレスを目にしたとき、

暗い気持ちが少し払拭された。

img_0763

夜空のようなゴシックドレスに花があしらわれている。

「今日の服飾デザイナーを呼んで頂戴」

私は少し弾んだ声で、手を2度打った。

私は僅かばかりのチップを取り出した。紙の束は1cmほどの厚みだ。(END)


 

上記は神戸異人館で撮影した写真(撮影OKのところ)です。

どれもこれも麗しすぎて、気分が高揚しっぱなしでした。

「こんな暮らしをしてたら、高飛車にもなるよね」

と思い、妙齢のお嬢様の創作話を書いてみました。意味不明。

 



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

One Response to “私の理想とするゴシックハウスはこんな感じ(超妄想編)”

  1. […] 私の理想とするゴシックハウスはこんな感じ(超妄想編) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ