ゴシックアニメ『BLOOD+』。1話から観たい”血みどろ”傑作

ゴシックアニメ『BLOOD+』。1話から観たい”血みどろ”傑作netabare

blood

出典 http://www.blood.tv/

【その名のとおりBLOOD(血)まみれ!プチゴシック吸血鬼アニメ】

ost02出典 http://www.blood.tv/

ゴシック&和ゴス要素を少しあわせ持つ、独特の吸血鬼アニメ『BLOOD+(ブラッドプラス)』。ほんとに大量出血しまくり(笑)。

このアニメは、私が初めて「DVD全巻まとめ買いしたい!」と思ったほどハマった、全50話くらいの超大作です。

制服+黒髪ショートの女子高生(美少女)+刀、という”萌え要素”も押さえてて、西洋ゴシックな服装や建物、モチーフがいっぱい出てくる。

blooddvd1出典 http://www.blood.tv/

「ブラッドプラス」というだけあって、血が出るわ出るわ(笑)。「そんなに人間って血は出ないだろう・・・」とツッコミ入れたくなりますが、「出血大サービスの嵐」ということにしておきましょう。

時系列とストーリーと登場人物がかなり複雑なので、1度みたくらいではちょっと理解不能な部分も。私は2度観ましたが、3度観たらまた違った見方ができる気がします。そのくらい、繰り返して観たいゴスアニメ。

【ツッコミドコロ満載なんだけど、最後にいつも泣いてしまう】

hagicd出典 http://www.blood.tv/

主人公「小夜(さや)」を守護する、まるで黒執事のようないでたちの美貌の男性「ハジ」。不死の存在で、チェロの名人。

神出鬼没キャラで、いきなりバーベキューをやってる人のそばの道路でチェロを弾き始めたり、チェロケースで敵を殴ったり、けっこうやりたい放題なんだけど、ものすごく人気の高い主要人物です。

「BLOOD+」は海外でも広く知られた作品ですが、ハジのあっさりしょうゆ顔について、海外からは「ハジはいつも眠っているのか?(目が開いてないのでは?)」との容赦ない声も届きました。こんなにかっこいいのに・・・。

ストーリーは複雑なので書けないけど、かなり全体的にグロテスクです(15Rだった気が)。直視できず指の隙間から何度観たことでしょうか。

舞台は「沖縄~ベトナム~ロシア~ヨーロッパ諸国~アメリカ~沖縄(再)」とものすごく広いので、制作の方々はさぞ大変だったんだろうな、なんて思います。

主人公・小夜(さや)の衣装が、ストーリー進行とともにゴシック化していくのも見どころのひとつ。この小夜には、物語の中核となる双子の美少女がいますが、こちらはゴスロリみたいなお姫様なファッションです。

199261-aliya06家族の愛情の有無によって、双子であってもこんなに差が出る・・・みたいなのがテーマの1つです。

永遠の命を生き続けなくてはならない主人公小夜&ハジと、その周囲の寿命ある人間たちとの対比もポイント。

エンディングは、ゴシックアニメらしく「to be continued」な終わり方でした。先が見えないというか、「永遠に繰り返されるのかな?」と視聴者に想像させるような感じ。

バッドエンドともハッピーエンドともつかないあいまいな結末。でも、ちゃんと起承転結があって、見終わった後はちゃんと余韻も残しながらも、スッキリ気分になれるアニメです。

ただ、作中には涙を誘う人物がいっぱい出てくるので、彼らの将来を思うとエンディングは泣けてきます。

とくに、主人公の血のつながらない兄「カイ」は、あまりにもかわいそうで・・・。物語の中でもっとも報われない人物じゃないでしょうか。

kai出典 http://www.blood.tv/

この少年はエンディングで、将来吸血鬼になるであろう双子の世話を引き受けることになり、愛する主人公小夜は30年の眠りについてしまう。彼は沖縄の店をひとりで切り盛りしながら、吸血鬼の双子を育てることになるのです。

将来、自分を襲うかもしれない、吸血鬼の子供たち(ちょっと怖い・・・)。そして、30年後再会する小夜は、若い姿のままなのです。これはあまりに切ない。しかも、小夜とハジは相思相愛なので、入り込む余地もない。

人柄がよすぎるゆえに、すごく無理難題を抱え込んでるイメージ。彼には最後にもっと幸せになってほしかったです。

 

ほかにOVAの「BLOOD-C」や関連作品もたくさん出ています。絵柄や設定が違いますが、主人公は同じ。

小夜はものすごく淡々とした性格なので、綾波レイのように賛否両論な存在だけど、私はすごくスキです。

saya出典 http://www.blood.tv/



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

One Response to “ゴシックアニメ『BLOOD+』。1話から観たい”血みどろ”傑作”

  1. […] ◆吸血鬼アニメといったら「BLOOD+」。血しぶき増量 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ