アイゼナハピアノに中世ゴシックの面影をみる~重度のゴシック病

スポンサード リンク


アイゼナハピアノに中世ゴシックの面影をみる~重度のゴシック病CIMG8928

【クラシックピアノそのものがゴシック。我が家のアイゼナハピアノ】

グランドピアノに憧れつつ育った私。惜しいことに、我が家のピアノはオーソドックスなアップライトピアノです。

でもこの「アイゼナハピアノ」、猫脚なんです!猫脚はポイント高い。「くるん」と巻いた足元の装飾はとってもゴシックです。

そんなワケで、私はこのアイゼナハピアノが大好きです。音も柔らかい。ちょっと赤の混じったブラウンカラーも好みです。

【アイゼナハはドイツの地名で、バッハの生誕地。音楽の都】

「AIZENAHA」は実は地名でした(長年知らなかった・・・)。

バッハは幼年期をこのアイゼナハという街で過ごしたそうです。

CIMG8929私、このアイゼナハのロゴがすごく好きです。ちょっと不思議な文字のカタチで。

今は誰も弾いていないピアノなので、完全にお飾りと化してます。ピアノはけっこう大きいし、場所を取るんですが、インテリアとしては置いておくだけで、なんとなくいい感じ。

いっときは「売却」というハナシも出ましたが、愛着のあるピアノなので、やはり手放せずにいます。

CIMG8931そして、壊れたメトロノーム。これも使い物にならないのに、なんとなく捨てられずに置いてあります。手巻き式で、振り子機能もまったくダメなんですが、これもまた古時計のようで、ちょっと味わいを感じさせるデザインです。

「メトロノーム」はこれまたドイツ語で、最初に使ったのはベートーベンだとか。カチカチと左右に振れ、正しいリズムを刻みます。真ん中のラインストーンの入った重りを上下させることで、リズム速度を変えられるもの。

今はオシャレなデザインや電子式のものがたくさん出てますが、手巻き式って今時ないですよね。いっぱいいっぱいに巻いても、途中でリズムに遅れが出て、最後には止まってしまう・・・。なんというめんどくささ。

ピアノを弾いていても、途中で巻き直すためにピアノをやめないといけないとか、非合理的。でも今思うと、懐古主義というか、「そのめんどくささがイイ」という・・・。

このメトロノームにも、なんとなくゴシックな印象を持ってます。

【クラシック楽器関連のアイテムって、なんだかゴシック】

CIMG8921楽器をはじめ、譜面や譜面台、指揮者の服装、オーケストラの舞台などに、なぜかゴシックなイメージを関連付けてしまいます。

バイオリンやチェロ、パイプオルガンなどはとくに中世ヨーロッパに通じるものがあって、よけいにそう思うんでしょうね。

CIMG8915五線譜を見ても、なんとなくゴシックさを感じてしまう(ゴシック病?)。

そういえばアイゼナハには、ゴシック建築の「ゲオルグ教会」なるものがあるそうです。我が家に昔から置いてあるありきたりなピアノに、ゴシック建築の教会への思いを馳せます。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ