ヴィセのアイシャドウ+目頭切開ラインでゴスな目元づくり♪

ヴィセのアイシャドウ+目頭切開ラインでゴスな目元づくり♪1310

【パケもゴスかわ★ヴィセ(Visee)アイシャドウ・スモーキー】

KOSEの「ヴィセ」シリーズ。お手頃価格だし、使いやすいパレットが多くて

大好きです。現在のヴィセコスメコンセプトが、折しくも”リッチグラム”。

「グラム」というとゴスに通じるものがあるので、今のヴィセはとくに私好み。

ふだんのアイシャドウはほとんど色を使わない派ですが、このパレットカラー眺めてたら

ゴス寄りメイクやってみたくなったので、トライしてみました。

このパレットは『リシェ スモーキーリッチ アイズ』。いくつか前のヴァージョンだし

最新ではないんだけど、グラデーションがきめ細やかで美しいのでお気に入り。

1311左⇒右に向けて、だんだん色が濃く深くなっていく。

秋色だけど、ゴスメイクにはモッテコイの色並びだと思います。

この順番通りにアイメイクしていけば、誰にでも奥行のあるグラデメイクが可能。

とはいえ、メイクテクも必要なんですけどねー。

しかし、これだけのカラー(5色)が入っていながら、ブラシ&チップは計2つ。

白のハイライトなど3色は指乗せってことでいいのかな???

【「奥二重はつらいよ」というわけでたどたどしいメイク】

発色の良さで、このシリーズは非常に口コミで高評価でした。

ただ、奥二重というのは、ほんとにアイシャドウの映えない目なんですね。

幅広奥二重ならまだしも、幅狭で目じりのほうしか二重線の出ない目なもので、

まぶたの重なった部分のシャドウは消えてしまう。

だから、普段のアイメイクもモチベーションが上がらないんです。

奥二重の方はこういうお悩み、多いのではないでしょうか?

アイシャドウは大好きだしいろんな色を試してみたいんだけど、

いつもハイライト+引締めカラーのブラウンやグレーで終わってしまう・・・。

今回もグレー系ですが、少し青みがかってるので、自分にしては珍しいアイカラー。

1339下から撮るとなぜこんなにケバいんでしょうか。

ちなみにマスカラはマジョマジョのものです。

今回は、人生初の目頭切開ラインをほんの少しだけ入れてみました。

1343写真に撮るとメイクの下手さや反省点がよく分かりますね。

インラインを入れたつもりですが、全然出来てない(涙)。

目頭切開ラインはクッキリとではありませんが、あるのとないのとでは

メヂカラが天地の差です。整形メイク級に印象が変わるんですね~。

蒙古ヒダの切れ込みに沿って、ほんの少しラインを入れただけなのに、

左右の目が互いにぐっと近づいて、薄い目が(当社比で)かなりハッキリしました。

ジコマンの世界かもしれませんが、これは普段使いのメイクにも使えそう♪

少しでもくっきりパッチリの彫りの深いお顔立ちを目指す方には、

この目頭切開ライン、必須ですね!メイクってオモシロイ。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ