ほんのりレトロゴスなFOSSIL(フォッシル)のメンズ時計

スポンサード リンク


ほんのりレトロゴスなFOSSIL(フォッシル)のメンズ時計

「なぜ時計はレディースよりメンズのほうがかっこいいんだろう」

いつもレディースにちょっぴり不服な私です。どうしても腕時計は

男メインのもの、って感じしますね。もともと外で働く男性が

時刻を知るために着けてたもので、女性は昔は家にいることが多かったので

必要なかったのかなぁ・・・とか(国内メーカーのは)。

でも海外の時計の歴史をみると、最初は女性用のブレスレットタイプが誕生している。

ちなみに精度はイマイチだったんだとか。まずはカタチから入る感じだったんですね。

いっぽう、男性のほうは懐中時計を持っていたので、腕時計はその後の話です。

懐中時計・・・ロマンに溢れててステキなアイテム。

でも、やっぱり日本人よりも外国人のほうがなぜかシックリきます。

フォッシルの時計は、アンティークゴシックやレトロゴシックなデザインが

混じったものが多くて、価格もお手頃。眺めてるとホクホクします。

文字盤の液晶は、龍頭(リューズ)で何パターンにも変化させられて面白い。

1秒ごとに数字がめまぐるしく変わるのが遊び心いっぱいで、

ついしばし見入ってしまうのです。

発売当初のTVのようなフェイスが味わい深い。本気の一生モノではなく、

遊び感覚の時計として、フォッシルは程よい価格帯&デザインかもしれません。

【メンズ時計はフェイスが大きいのがイイ】

腕時計=もともとゴツめの機械的なアイテム。それを、

女性寄りのデザインにすると、

どうしても腕時計の持つカッコ良さが薄れてしまうんですね。

フェイスも小さいし、ベルトも細い。

どうにかレディースものでも、時計のオトコマエな部分を消さずに

デザインできないかなぁ、とか無謀なことを考えてしまいます。

なので、女性用はブレスレット寄りで、いっそ時計機能はオマケにしてしまうと、

それはそれで華奢な女性の手首を際立たせてくれる気がします。

時計デザインって、女性らしさ⇔男性らしさ、思い切り両極端に振れさせるのがいいのかも。

深紅に黒がパキッとコントラストで素敵。やっぱりメンズ時計はかっこいい・・・★

懐中時計がそのまま腕時計になったようなデザインもお洒落です。

スケルトンって惹かれませんか?「仕組み、どうなってるの?」みたいな。

黒×ゴールドが重厚感です。

これは裏面なのかな・・・?たまに裏側もめちゃくちゃ凝ってる時計ありますよね。

銅みたいな赤土色がオトコマエです。

この歯車見てると、ブレゲのマリーアントワネットの時計を思い出します。

あの震えの来るような細かさ・・・ダイヤなどの装飾がほぼないのに50億とか、

いったいどうなってるんだか。魅了されますね、時計の世界。



スポンサー リンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ