白百合って 清楚&妖艶で素敵…毒があるってホント?花言葉は何?

白百合って 清楚&妖艶で素敵…毒があるってホント?花言葉は何?

実家の庭に百合の花が一輪だけ咲きました(夏頃)。

 

 

たくさん一斉に咲き誇るのも美しいけど、一輪だけポツンと咲いてるのも

また風情があっていいですね。凛としてるといいますか。

 

 

この首を垂れてるような姿は、楚々とした可憐な女性を思わせますが

「ユリってちょっと怖いな・・・」と思わせる何かがありませんか?

ちょっと形状が禍々しいというか。

 

ラッパのように、細い首から急に外側に向かって広がる花弁が

なんだか怖いです。ドレスみたいで美しいんだけど、どこか毒々しいような。

 

 

そんなふうに捉えてしまうのって私だけではないでしょう。

 

 

百合って怖いイメージがある

 

 

白百合は結婚式でも使われ、清楚なイメージですが

黒百合は「恋」「呪い」といった花言葉を持ちます。怖い・・・!

 

 

というわけで、誰かにプレゼントするのは黒ユリはNGです。

病室に百合の花もちょっと強すぎますね。香りも強めなので。

花粉も目で見て多いと分かるので、お見舞いには不向きかも。

 

 

そういえば「クロユリ団地」という映画も話題になりました。

このモノクロ感・・・やっぱり「ユリ」という響きには

ちょっぴり怖い何かがある。どこか「悪女」のイメージがあるんです。

 

 

 

百合の花言葉って?

 

白百合の花言葉といえば、

『高貴』『純粋』『無垢』『威厳』『祝福』『壮大な美しさ』『雄大な愛』『甘美』 。

 

聖母マリアに例えられるほど楚々としたイメージ。

まったく卑近な感じのしない、手の届かない孤高の女性。

 

 

百合は英語では「リリー(lily)」と言いますが、

海外では『refined beauty(洗練された)』という花言葉も追加されています。

ちなみにリリーは学名が「リリウム(Lilium)」なので、その名がついたそうです。

 

百合には毒がある?

「百合」というと「毒」の印象がありませんか?

「百合には毒がある」とよく耳にしますが、その真相は?

 

 

 

「百合根(ゆりね)」など食用のユリ球根も存在することから、

百合のすべてに毒があるわけではないと分かります。

 

オニユリやヤマユリ、テッポウユリなどに強い毒があるとされていますが、

それは一部のユリのハナシ

 

 

 

小説などで

「百合の花だらけの部屋にいたら体調が・・・」

みたいな描写もありますが

命に影響を及ぼすようなダメージはないそうです。

 

百合は一見清楚だけど、毒婦のような一面も持っている・・・。

そんな二面性が魅力的な花だな、と感じます。

 

 

ゴス寄り!?かなり欲しい!百合の紋章のトランクキャリーバッグ

那須高原のオルゴール館がゴス!ゴシック好きにはタマラナイ建物

存在そのものがゴシックな植物や生物。古い洋館にマッチするモチーフ

魔界に生えてるような絡まったオバケ人参がギネス認定される

 



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ