「ゴシックなカボチャの馬車?」と思いきや実は鉛筆削り!

「ゴシックなカボチャの馬車?」と思いきや実は鉛筆削り!CIMG4607

【シンデレラ気分?アンティークゴシックな馬車の置物】

フランスの「TAILLE CRAYON(タイユ クレヨン)」から出ているかぼちゃの馬車。

京都の雑貨屋さんを巡っていたら、¥500くらいの安価で売ってたので

思わず購入。じつはこれ、鉛筆削りなんです。

シャープナーにはとても見えないんだけど、しっかり削れちゃいます。

手のひらサイズと小ぶり。インテリアとしてもとってもカワイイのです。

CIMG4606馬車の底面に削る穴があります。で、馬車の出入口から削りカスを出すという(笑)

機能性よりもどっちかというと見た重視のシャープナーなんです。

CIMG4605けっこうズッシリと重い。しかも車輪がちゃんと回転するんです。

かなり彫りこみも細かく出来ていて、鑑賞に堪える感じ。

鉛筆削りは別にふつうのを持ってるんだけど、なんとなくムダ買いしてしまいました。

でも後悔はしていない。だってかわいいですし^^

【ほかにもいろんなデザインあり!味わい深いシャープナー】

piano同じく「TAILLE CRAYON」さんから、シャープナーシリーズがたくさん出ています。

どれもこれもプチプラゴシック。レトロゴシックというか。

実用性も兼ねてるのに、この可愛さと出来栄えですよ。ちょっとウキウキです。

violin楽器シリーズと、ほかに戦闘機シリーズなどもあります。

こういうちまっとした置物に目がないんです。

gendaiほかに「現代百貨」さんというところから出ているシャプナーもスゴイです。

精巧な地球儀。大航海時代のようなデザインですが、これも底面がシャープナー。

seriesこのシリーズは、ほんとにどれも見てて飽きない。

地球儀は回転し、受話器は外れ、コーヒーグラインダーは回せます。

またどこかの雑貨屋さんで見つけてしまったら、シリーズでコレクションしちゃう

自信アリですね。物欲をくすぐられまくりです☆

個人的に欲しいのは電話とランプとTV。さいきんムダ遣いはしないと決めてるけど

やっぱり可愛いものは可愛いのです。



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ