中二心をくすぐる!ナチス元帥ゲーリングの黄金レプリカルガー

中二心をくすぐる!ナチス元帥ゲーリングの黄金レプリカルガー

ちょっと贅沢なインテリアとして、

手に持つとずっしりした質感&冷やかさを感じさせるレプリカとして、

満足度の高いマルシンのモデルガン「ヘルマンゲーリングルガーp8」です。

ヘルマンゲーリングといえば、ナチスの政治家であり撃墜王、その他にも

さまざまな顔を持つ有能な軍人(最後は自殺)。

その彼が贈呈された銃のレプリカです。ホクホク感あり。

作りが荒いなどの口コミもありつつ、見て飾って楽しめるモノ。

表面が金メッキ、850g。ホンモノと同じ作りです。

しばらく構えてみると、手がプルプルしてくるくらいに重い。あと手が冷えます。

おなじみ柏の葉。ここ、すごくリッチです。象牙じゃないけど象牙っぽい。

ビスというかネジのところにも彫り込み。ウットリ眺めてしまいます。

オモチャにしてはお高く、「欲しいから買っちゃおう」みたいな価格ではない。

ちょっとホンキ出して買う感じです。

細かい彫り模様がステキです。装飾性高め。これをもしや腰から提げてた・・・?

肩こりそう。実用性の高い銃なんだけどムダにゴージャスで美しすぎます。

すごくホンモノっぽけどジャンルはオモチャ。もちろん銃口は閉じてあるので

所持に問題はありません。よくみるとここにも柏葉。芸が細かい・・・!

装飾性の高いモデルガン&トイガンって楽しい

日本ではなじみのない銃文化だけに、レプリカであっても

そばにあると触って眺めてワクワクしてしまいます。ただし持ち歩きには注意。

知人男性がフザケて腰に提げて歩いてたら、たまたま職質されて、

たまたま開口銃だったために違法性アリとみなされ、「署まで来て」みたいなことに笑。

銃は脅威を与える上、違法な発砲事件も年々増えていて、しかも

エアガンで動物を撃ったりする不届き者も多いので、かなり厳しい規制が入ってます。

でも所持したいものは所持したいんですよね。装飾性の高いものは特に。

西部劇とかに出てきそうな、撃ちやすそうなトイガン。キンキラです。

そうそう、こないだ警察が我が家にお越しになったのですが、

電動ガンやトイガン、レプリカガンなどを並べた居間にお招きしたので

非常に気まずかったです。違法のものはないんだけど、

「危険人物としてリストアップされたらどうしよう」みたいな

後ろめたい気持ちになりました。取り扱いにはくれぐれもご注意を★

◆ゴシック雑貨に関する記事◆

⇒ビクトリアンゴシックな黄金のハサミ

⇒ネオビクトリアンをDIYできる本

⇒ペーパーナイフの剣がステキ・・・!



スポンサードリンク

↓ゴシックファッションを楽天で!↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


現在のページTOPへ

【Gothic Base】ホームへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ